スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ちょっと素敵だと思ったお話。
2008-06-30 Mon 01:42
世界一周旅行中割と本なんて読んでた。
ヨーロッパ入ってからだけどね。

なぜかっていうとそこまではひたすら任天堂DS三昧だったからw
移動中、ひたすらレベル上げまくってラスボスが超弱くなんだか切なかった『FF4』。

(ちなみに旅中にやろうと思っていたDQ4は出発前にクリアしちゃったw ← 馬鹿)

他にもレイトンやったり・・・あ、そうそう。
旅の初期は俺ほんっとに英語駄目だったからインドの列車やバスの
長時間移動でひたすら英語漬けやってたわ(苦笑
英会話の本とDSでがんばって独自学習したおかげで旅英語に
困ることは後半なくなったんだけどね。

中盤~後半くらいから毎日宿から出て「アクティブ」にってだけじゃなくなってきたのが
読書のひとつの要因。
宿にこもってゆっくりっていう日が割と増えてきたから読み出したって感じかな。

そんな本にまつわるプチミラクルなエピソード。




fa

ガンジス河でバタフライ たかのてるこ著


アルゼンチン ブエノスアイレスの上野山荘別館で出会った友達に いただいた本。
実はこの本、その友達も別の友達からもらっていて、さらにその前にも所有者がいて・・・
旅人の間で代々引き継がれてきた本だった。
(実物はカバーもなくボロボロだった気がするw)



本の内容は著者が不安や期待を胸に秘め、始めての旅に出る。
そこで起きるいろいろなおもしろい人や出来事、
気持ち・考え等を綴った非常に読みやすく
心が暖かくなる作品でした。
これから旅をしようとか、ちょっと旅に興味あるな~って人はぜひ
読んでみてください。
おもしろいですよ。



しかし俺この本読み終えたの北米に入る直前で、
北米入ってから全然日本人と出会わなかったのよ(汗
どーしよ~「このままだと日本にもって帰っちゃう」って焦ってたら
帰国前日に同じ宿にこれから世界一周です(俺と逆周り)って男性が
きてその人にすべりこみセーフで渡せた。




ほんで約半月~一ヶ月くらいかな。
帰国して日本での生活が本の存在自体忘れさせ始めたとき、
一件のメールが入った。
アルゼンチンのウシュアイアで知り合った女の子から。




今、スペインなんだけどね、
空港でたまたま会った日本人と
一緒にスペイン観光することになったんだけど、
彼に"よかったら、本読みませんか、旅人で回してるんですよー"
と言われ読者リストをみると・・・



そうです。
僕の名前が書かれてた本が彼女の手元に渡ったみたいなんです!
実は俺の二人前の所有者から背表紙裏に
読み終えた日にちと名前を書いて
旅人に渡すようになったんだけど・・・



すげぇ!
ミラクル!


世界はめっちゃ広い。
時間軸でも、空間軸でも、
ほんの少しタイミングがズレればありえないことなのに。。。
空を飛び、海を越えて再びその女の子と会えたような、
そんな不思議な気持ちになった。
ビンの中に手紙を書いて海に投げたら遠い外国にたまたま遊びにきてた
自分の友達が拾っちゃうみたいなw
う~~~ん、浪漫ティック!!



事実は小説より奇なり。
生きてること自体がとんでもない奇跡ですからねぇ。





そぉ~んなことをふと思い出したんで書いてみましたw
では。
スポンサーサイト
別窓 | 帰国後。 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<今日も世界のどこかで.1 | 濡音的地球見聞録。 | そうだ、世界一周を振り返ろう。>>
この記事のコメント
まぢミラクル!!!ほんま素敵~!!!素敵すぎて胸がきゅんとしたよ☆
『世界は一つ』って言葉がふと浮かびました。 友達の友達、その友達の友達…と辿っていくと、世界が一つに繋がる気がする。 そうやって考えていくと赤の他人ってほんとはすごく少ないんだろうな。 なんか人間が愛しくなっちゃったよ!笑
2008-06-30 Mon 19:15 | URL | まりー #-[ 内容変更]
はじめまして!
ミクシーから来ました。
とっても素敵なお話ですね。
私も以前の仕事で世界一周していますが、一人で周るのは・・また格別なんだろうな・・としみじみ感じました。
イグアス・・・私も行きました♪
すごいですよね(笑)

また遊びに来ます!!
2008-07-04 Fri 11:13 | URL | 夢キラナビゲーター☆はづき #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 濡音的地球見聞録。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。