スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ツタンカーメンのアレとヘーゼルナッツラテ。
2008-03-10 Mon 23:54
旅立ちから67日目の見聞録。
現在放浪7ヶ国目。
「エジプト」の「カイロ」に滞在しています。




カイロに来て初の観光することになった今日。
まずは考古学博物館というところに「アレ」を見に行くことにした。
寝不足。

cairo.14
入場料100ポンド(学生証有りは50ポンド)。

入る前にカメラを預けないといけなくて写真撮れない。う~ん、残念。

博物館の1Fで何々王の像的なものや当時の庶民を描いた壁画等数々の展示品を見た後2Fへ。
黄金のネックレス、黄金の冠、黄金のベッド、黄金の・・・と黄金尽くし。防御力は高そうだ。
そして本日のメインイベント。

「ツタンカーメンのマスク」を見に行った。
ここと数箇所の部屋は部屋自体薄暗くツタンカーメンマスクへの光の当たり方まで考えてるご様子。
そしてマスク様と感動のご対面。。。感涙。
なぜか正面に立ってもマスク様とは目が合わない(マスク様がどこを見てるかわからないからだ)のだ。
「おい、おい、こっち、こっち。」
目線を追ってマスク様に手を振ってたら周りのツアリストが白い目でオレを見る。

写真が駄目だったので考古学博物館の外にあった骨董品屋のウィンドウ、
お土産用の小さなツタンカーメンマスクレプリカをUP。

cairo.15
実際は作りも大きさも全然迫力満点。

何千年も前のものが今、こんなにはっきりと見ることができる。
それって普通にすごいこと。
彼らが生きた時代・・・おじいちゃんのおじいちゃんのそのまたおじいちゃんのおばあちゃんの友達の・・・
そんな時代にこれだけのものをもう作れるようになってたなんて・・・

薄暗い部屋でツタンカーメンのマスクを見た後同じフロアにあるミイラの部屋にもいった。
ここだけ入場料が別途かかり、これがまた100ポンドと高い(泣。
しかしここまで来てミイラ見ないで帰るなんて意味ないじゃん!?
泣く泣く払って4000年以上前の古代人さんとご対面。
しかしさすがにマミーだ。
メラ系がよく効きそうな乾燥肌。
意外にもみんな小さかった(身長、全長?)。
古代エジプト人がもともと小さかったのかミイラになって縮んだのかはわからないが。
それでもなんだか突然襲ってきそうでちょっぴり怖い。


考古学博物館にご満悦の表情を浮かべるも特に予定も決めてなかったんで急遽歩いて
ハンハリーリへ行くことにした。
場所も対して調べてなかったので大体こっちだろって感じで歩き始める。
途中エジプシャンに道を聞きながら歩くが英語が通じる人を見分けるのは難しい。
俺の発音の問題なのか「ハンハリーリ」が通じない(汗
アラビア語だとまったく違うのかしら??
結局煮詰まったところでやっと見つけた欧米人旅行者に聞くことに。
すると彼らも近くまでいくということだったのでついてくことにした。
彼ら6人くらいいたのに会話もまったくなし、超はや歩き・・・なにをそんなに急いでいたのだろう?
まぁおかげでたどり着いたんでお礼を言わねばいかんが。

さてここハンハリーリは巨大な市場みたいなものでエジプトのお土産や衣類なんかの
お店が集中している場所。
複雑に入り組んだ迷路のような場所で見渡せばそこにはまるでアヴゥドルの占い屋がありそうな・・・

cairo.16
人だらけ。ちょっと小道に入ると歩くのも大変。

シーシャ(水タバコの本体)なんかは日本で買ったら1万円以上しそうなのにここで買ったら1000円きる。
しかしでかい・・・長期旅行者には向かないお土産だ。
値段は知らんがただ乱雑に同じようなものが並んでいるだけ・・・という印象を受けた。
とくに真新しいものも見当たらず更に店員のエジプシャンが正直うっとぉしいのですぐに飽きた。

インドと違ってこっちの客引きは腕を引っ張って店に連れ込もうとする。
強引だし正直カチンときて喧嘩になりそうになるがそんなんばっかだでいちいち怒ってもキリがない。
しかし道を歩いていてイキナリ「バカヤロウ」には正直むかついた。
すぐさまUターンしてそのおっさんの目と鼻の先で

俺:「What?」
おっさん:「バカヤロウ」
俺:「あぁ?お前意味わかって言ってんの?」
おっさん:「バカヤロウ」

一触即発状態。
完全に日本人舐めてると判断。
体力的にも疲れてたのか余裕0のおいら。
段々ヒートしてくるが周りにゾロゾロ野次馬エジプシャンが集まってくる。
あぁもう。。。うっとおしい。
この旅で何回か吐き捨てたあのスラングを吐いてその場を離れる。
他にもどうしようもないようなくだらない下ネタだったり・・・教える日本人がいかんのよ!
う~ん・・・「バザールでござーる」には笑えたんだけどね(懐かしすぎてw)。

腹の立つエジプシャンもいるけど全員がそうじゃない。
当然だけどね。
ってことでハンハリーリで出会った人達の写真をいくつか紹介。
なぜかほとんど食べ物屋。

cairo.17

cairo.18

cairo.19

cairo.20

cairo.24
ん?!

宿に帰ってきて水買おうとしたらKISSのファンか?的なメイクをしたやつらが笑ってたw
彼ら(彼女ら)は今日動物園にいってきたらしく気付いたらこんな顔になっていたらしい。
エジプトマジックだ。
俺もまさかエジプトでスパイダーマン、ライオンキング、やっつけKISS、ピエロ、ポチ

と仲良くなるとは思ってなかった(笑

cairo.21
スパイダーマン(?)とライオンキング(?)記念撮影。

実はピエロちゃんとポチはダハブで出会っていて彼女らが忘れたタオルを届けるのが
俺のカイロの使命のひとつだったので再開できてほんとによかった。

更に彼女らがシェア飯を作るというのでご一緒させていただくことに。
久しぶりに手料理を食って感無量(涙
やっぱ外食ばっかじゃ飽きるわ。

cairo.25
愛のこもったオムライスとスープ。

飯も食ってメイクも落としたメンバー(笑)がエジプトのスターバックスに行くというのでお供させてもらった。
久しぶりのヘーゼルナッツラテはエジプトの物価を考えると異常に高かったがうまかった・・・。
彼らはエジプト限定のタンブラーを買いにきたらしいが残念ながら売り切れてた。
あ、ついでに生まれて初めてパチカ(ボールが二つ紐で繋げてるだけの楽器)やったら面白かった。
日本に帰ったら買おっと。

cairo.22


なぜかスタバでダハブゲームが始まり超白熱。
閉店して店追い出されたがタクシーの中でも試合は続行。
続きはホテルでってことになったが結局朝6時くらいまで続いた。。。

cairo.23
眠らない宿サファリホテルにて。


俺最後に超気持ちのいい勝ち方したわw
まさに勝ち逃げ状態(笑
再戦できる日を待ってます。
スポンサーサイト
別窓 | エジプト。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<あの三角形のでっかいやつ。 | 濡音的地球見聞録。 | 道を知らないタクシードライバー。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 濡音的地球見聞録。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。