スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
濡音的地球見聞録中大失態!。
2008-03-16 Sun 23:54
旅立ちから73日目の見聞録。
現在放浪8ヶ国目。
「ハンガリー」の「ブダペスト」に滞在しています。




朝4時にかけておいた目覚ましがなぜか止まってた。
どうやら二度寝したらしい。
しかし現在4時50分。
まぁ別になんとかなるか。

バスは6時発だから。

出発前に最後のフルーツティーを飲み一息つく。
これほんといい香り、美味しいなぁ。

5時15分。
うん、そろそろ行くか。
なんて余裕ぶっこきながら、だらだら出発状態までたどり着く。
結局宿出たの5時25分くらい。
あ、結構時間やばいかも。
急がなきゃ。

・まず地下鉄の入り口まで行って・・・ 
 →あ、思ってより結構遠い。1Km近く俺の巨大荷物しょって歩いた(きつい)。


・次に地下鉄乗って・・・
 →あ、地下鉄の入り口が全然わかんねぇ~しかも朝一だからか?
  道聞いても教えてくれない奴がいてびっくりした。


・6駅先の駅のバスターミナルから少し離れたところに・・・
 →あ、6駅って結構遠いやん!
  ってか駅着いてどこに予約したバスがいるか全然わからん!!


以上のことからすべてが予定より少しずつ遅れてしまったことが証明できます。


が、しかし。旅も慣れてきて不思議と落ち着いていた。
以前の俺なら「やばいYO、やばいYO!」なんて慌てふためいたことでしょう。
しかしそこは成長の兆しが。
「慌てない、慌てない。ノープロブレム。はい、六時!じゃあ出発!なんてありえないでしょ。」
おぉ??大人の余裕が出始めたかぁ?
意味のない自信に励まされる。



そしてすぐにそんな大人の余裕は「大間違い」だったということに気付く。



探していたバスの停留所をやっと発見。
それらしきバスも2台停まっている。
特に焦りもせずテクテク歩いて係りの人にネットで予約した紙を見せる。
「No。」
ん?なんで?バスいるじゃん。
「No。」
はぁ?なんで??だから今目の前に2台もバスが・・・え?


コ・ノ・バ・ス・行・キ・先・違・ウ・?
俺・ノ・バ・ス・モ・ウ・出・タ・?



え?え?
現在朝6時10分。


現実:6時きっかりオンタイム → 予約したバスはポーランドへ向け出発。


「えぇぇえいうえlろえrじゃおrふぉあgじゃg!1?!?”」(解読不能)
おい!誰だよ?さっき大丈夫って言った奴!
えぇぇぇ???
なにこれ?まさか「バスに乗り遅れた」って間抜けな話?
うわぁ・・・嘘ぉ・・・。
宿出る前に余裕ぶっこいてた自分がめちゃくちゃ憎たらしい。
やっちまった・・・。


ってことで今日予定していたポーランド行きはバスに乗り遅れ、なくなりました。
インド・中東と旅してきて、すっかりこれらの時間概念で動いていたと実感。
「オンタイム出発って日本か!」なんて心の中でつっこみながら
彼らが間違ったことをしているわけではないので文句も言えず・・・歯がゆい。。。

う~ん。。。

散々悩んだ末一旦ブダの中心へ帰ることにした。
しかし居心地のいいアンダンテへ帰ることは自分自身への戒めも含め、できなかった。
(ってか「いってきまぁす」って言って帰るのが気まずかった・・・)
そこでもう一つのハンガリーの宿「ヘレナハウス」を探すことにした。
気分は最悪。凹みまくり。

buda.36
朝のブダペストの街。悲しい・・・。
buda.35
高級そうなホテル。俺には縁がない・・・。

たまたま日本で調べてきた情報を持っていたので場所はすぐわかった。
入り口に入ると多分この人がヘレナだなぁっていういかにもなおばちゃんが出迎えてくれた。
ヘレナはとても独特なしゃべり方で英語をしゃべる。
なまりが結構あってときどき「ん?」ってなるがそれでも英語でしゃべってくれるだけ非常にありがたい。

部屋は割りと綺麗。
値段も一泊ドミで6ユーロ(安!)
まぁ特にこれと言ってパッとはしないが・・・
しかし!この宿にはひとつだけ素晴らしい特権がある!!

なんとバスタブがついてるのだぁぁぁぁあ!!

今まで何度かバスタブには出会ったがいろいろな事情が重なって一度も湯船につかってないのだ。
とうとう念願叶うのか??
と楽しみにしながら疲れ果てて眠ってしまった(朝8時)

buda.38
バスタブのピン写真。まだ入ってません。

当然起きたら周りは真っ暗。
日曜日だからかスーパーも空いてない。
あまった材料で自炊して腹を満たしこれからどうしようか考える。
凹むわぁ・・・。

buda.37
トラム。
buda.39
お部屋は薄暗い。暖色系の明かりでいい雰囲気。
buda.40
おいらのベッド。
スポンサーサイト
別窓 | ハンガリー。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<続・ハンガリー最後の夜。 | 濡音的地球見聞録。 | 普通の人間で普通の旅だけどこれは俺だけのモノ。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 濡音的地球見聞録。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。