スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
トルコにきた理由?決まってるだろ!。
2008-03-18 Tue 23:49
旅立ちから75日目の見聞録。
現在放浪9ヶ国目。
「トルコ」の「イスタンブール」に滞在しています。




前回の教訓を生かし、今回はかなり余裕を持って空港へ到着。
やっぱり大人は余裕が大切ね。
まぁ早くきたのにはもうひとつ理由があるんだけど。
実は今回チケットのDAY FIX(日付予約)してない。

思いつきで空港行って「乗れる?」って感じのニュアンス。

だからすこし早くいかないとかんかったってわけ。
キャンセル待ちで行ける!と確信したのはカイロ → ブダペスト間。
わざわざ丸一日かけてFIXしたのにガラッガラだったんだわ。
「これってもしかしたら余裕なんじゃない?」
同じマレブハンガリー航空ということもあって勢いで行ってみた。

チェックインカウンターは驚く程簡単にOKが。
それどころか「窓際がいいですか?通路側がいいですか?」なんて席の好みまで選べた。
欧州では俺たち日本人よりずっと飛行機が身近な乗り物で、いっぱい便があるのかな?

ちなみにこれで乗れなかったら「続・続・ハンガリー最後の夜」を迎えるところだった(汗)
一種の賭けでした。
無事に乗れてよかった・・・・。

ist.1
ほんとに小さい飛行機。
ist.2
出た!またこの機内食。まったく一緒w

機体が小さい飛行機だからだろうか非常に助走が少なくて簡単に浮いた。
毎回飛行機乗る前に「死」覚悟して家族と知人にメールを送る俺(笑
今回は結構「死んだ!」って思ったw

まぁ残念ながら(?)死は免れて無事トルコ:イスタンブールへ到着。
約2時間くらいのフライト。
飛行機ってすごいねぇ・・・バスでいったらどんだけかかるんだ・・・?

トルコの時差は7時間。
通過はトルコリラ。
現在1リラ=約80円切るくらい。
公用語はトルコ語。
一応中東、イスラムの国。

出国イミグレーションは多少混んでたけど特に問題もなく通過。
空港から一歩外にでたらすごい数のトルコ人にびっくりする。

ist.3
怖っ!多っ!。

目的の安宿「ツリーオブライフ」までは地下鉄で最終駅まで行きトラムに乗り換え
3~4つ目の駅で降りて徒歩で20m、銀行の角を右に曲がると・・・・あった!

途中で道を聞いたトルコ人は英語しゃべれてすごく笑顔で教えてくれた。
しかもその後トラムで降りる駅迷ってたら(なんと)トルコ人女性から話しかけてくれて
(しかも美人)親切になんども教えてくれた。
う~ん、感激。
ヨーロッパ方面からくると余計感じるかもしれない、この暖かい感じ。
トルコ好きになれるかもw

宿に荷物を置いてとりあえず腹ペコを満たす為にブラブラ街を散策。
トルコはヨーロッパとアジアの切替ポイント的な国。
イスタンブールは想像以上に大都会だったが
どこかヨーロッパ的、どこか中東的で独特な雰囲気だった。
そして・・・美人が多い(笑
トルコは政治と宗教を分離している国なのでムスリム(イスラム教)の国でも女性はほとんど普通の格好してる。
そして男はイケメンが多い。
濃い顔好きな女性はたまらないだろう。
ただ、トルコ男の女好きは度を越えて迷惑の域に達してる部分もあるので
(痴漢にセクハラ、のぞきと女性関係のトラブルは後を絶たないらしい。ついでにナンパもすごいみたい)
女性は気をつけましょう。
まぁちやほやされるのは確かに気持ちいいけどさ・・・・。

世界三大料理のうちのひとつ、トルコ料理がどうしても食べたくて贅沢に外食することに。
客引きに連れてかれてなんとなく入ってしまった店でトルコ料理(なのか?)を。

ist.4
ふかしたジャガイモにこれでもかっ!ってくらいにいろんな具がのったコンピルって食べ物。

一個5リラ(約400円)もしたけど初日だしまぁいいかって感じでパクパク食べる。
うわぁ~・・・うめぇ。
こんななんでもないような食い物なのに・・・。
チーズとマヨネーズとケチャップと酸味がきいた漬物みたいのとかオリーブとか
ソーセージとか・・・全部ごちゃ混ぜだけどそれをじゃがいもがしっかりまとめて・・・

今まで一度も食ったことのない味だった。

ちょっと量が多かったのでお持ち帰りさせてもらって宿で食べる。
ツリーオブライフは日本人宿なので情報収集には困らない。
しかもなぜか断水することもあるってのにWi-Fiはフリー。
ハイテクなんだかローテクなんだか?って感じだった(笑
居心地も人もいい感じでとても居心地はよさそうだ。


今回のルートでトルコを入れたのは実はトルコをがっつり観光する為ではない。
トルコは東欧を端っこから行きたかったからっていう中継的なポイントだった。
・・・なんてつまらない理由は置いといて、トルコに来たほんとの理由。

はい、僕トルコに「サバサンド」なるものを食いにきました!!

サバサンドぉ??
パンにサバ??
うっげぇ~気持ち悪い~!!って正直思ってたのだが
いろいろと情報を聞く度に段々気になってしょうがなくなってきた。
それは食べた人がみんな絶賛しているから。
まぁ、そこまで言われちゃ食うしかないでしょってことで・・・
とりあえずサバサンドの情報を集めなくては。

生まれて初めて食うサバサンドはやはりうまいと評判のところでなくては。
最初のインパクトって大事だからね。
サバサンドのことを知るために宿の情報ノート(先人達によって綴られたまさに冒険の書)をペラペラめくる(笑
ところが半分冗談で見始めたのになんと1ページまるまる使って書いてる方がいるではないかっ!!
すげぇ(笑
更にその場にいた方々にも情報をいただき気が合いそうなワダちゃんって子と一緒に食いにいくことになった。

外はすっかり日もくれてたが、
有名な「ブルーモスク」がライトアップされているらしいのでついでに見に行くことに。

ist.5
すげぇ綺麗。
ist.6
ブルーモスクは16世紀ごろ作られたらしい(ワダちゃん談)。
ist.7
なんでもない公園の建築物もなんだか素敵な感じだった。
ist.8
ワダちゃんいわくこっちのほうがすごい。作られたのはなんと6世紀ごろ。

イスラム教建造物は毎回すげぇと思う。
シンプルなんだけど難解。
堂々としてるんだけどどこかキュートでポップ。
残念なのは俺が宗教関係にはほんっとに疎いということ。
仏教にしろヒンドゥーにしろ、イスラムにしろキリストにしろ・・・
全然予備知識もなんにもないのでモスク(イスラム教の教会のようなもの)を見ても
すげぇ!でけぇ!形が面白い!ぐらいの幼稚園児でも言えそうな感想しかいえないのだ。
トホホ・・・

ところが一緒に見てたワダちゃんが実はKOボーイだったらしくすごく親切にいろいろ教えてくれた。
さすがに詳しいなぁ・・・。
俺はまるで「一日いくら」のガイドを雇ったように有意義にモスク観光ができたとな。
(宗教はやっぱり小難しそうだけどひとつのお話しとしての神話は面白そう。)

濡音はレベル2になった!

ist.9
イスタンの夜景もブダに負けず超素敵。

さぁそんなこんなで食いしん坊な俺のトルコメイン!
サバサンドへ向けてレッツらGo!!
二階建てになっている橋があって(名前忘れました)上が車の通り道と釣り人が、
下がレストランがずらぁっと並んでた。
どうもこの付近にお目当てのぶつはあるみたいだがどう見ても高級感漂うレストランが並ぶ。
こんな素敵な雰囲気で「サバサンド」ないだろ・・・あったとしてもなんかやだなぁ。
俺の勝手な妄想じゃ屋台とかでヒゲ生やしたおっさんが「あいよっ」って感じでやってるイメージだから・・・。
どこも高級レストランだったが一通り周って反対側にも店があることに気付く。
すると「高級レストラン」からなんだか「安食堂」って感じの店が何件か続き、
その店先で・・・焼いてるではないか!
なつかしのウオ、サバを!
サバとは当然書いてないがこの皮の模様は間違いなくサバ!
ということは、とうとうたどり着いたか!

すかさず2人で注文。
ワクワクしながら待っていると・・・

ist.10
でたぁ!なかなかのビジュアル。3リラ(240円くらい)。

う~んやっぱり抵抗はあったんだけど・・・

お、オイシス・・・

いや、まじでうまいよこれっ!
なんかパンとサバのジューシーな感じがすごくマッチしててちょっぴり辛めのたまねぎと
トマトがまたうまく入ってくる感じ。
味付けも塩でしてて(甘かったりでもしたら最悪だったろうなぁ)Good!!
うわぁ・・・また食おう。
エジプトのコシャリもそうだったがどうもB級グルメが大好きな傾向があるわぁ。

とにかくトルコまできて食べる価値はあると言えるサバサンド。
ぜひ!食べに来てはいかがでしょう?







サバサンドに終わった素敵な夜だった・・・。
スポンサーサイト
別窓 | トルコ。 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ブルーモスクってそんなに青くないんです。 | 濡音的地球見聞録。 | 続・ハンガリー最後の夜。>>
この記事のコメント
また風景が
がらっと変わりましたね~
ブルーモスク素晴らしいな。。。
写真で見るだけなのにとても行ってみたいなと感じました。
僕の日本の大学にトルコ人女性の友達がいますが、確かにかわいい。
一度は行ってみたい国の一つです。
どんどん風景がアドベンチャーの世界から絵本かおとぎ話の世界みたいになってきましたね。(例えが変かなw)
ではまた日記楽しみにしてます。
2008-03-28 Fri 12:01 | URL | たけやん #hiG9K2Pw[ 内容変更]
いやまじで
たけやん>トルコ女性は美しい・・・。
       結局ヨーロッパ終わっても女性に関しては
       中東より綺麗だったとは言えなかったもん。
       おとぎの国は風景素敵だけど・・・・
       ちょっと飽きてきた(笑)
2008-04-05 Sat 03:45 | URL | 濡人。 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 濡音的地球見聞録。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。