スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
古着とワインとストリップショー。
2008-03-20 Thu 23:14
旅立ちから77日目の見聞録。
現在放浪10ヶ国目。
「ブルガリア」の「ソフィア」に滞在しています。




明け方、バスはブルガリアのソフィアにあるバスステーションに到着する。
バスを出てすぐ、
「寒っ!!」
あたりを見回すとなんと雪があちこちに残ってるではないか。
うわぁ・・・ヨーロッパってやっぱり寒いんだなぁ。

ってことで東欧の旅再開です。

とりあえずトルコリラの余りを両替所でチェンジ。
こちらの通過はレバ。
1レバ = 約73円(現在どうなっているかは知りません)
時差は日本より7時間遅れ。
日本が19:00の時ブルガリアは昼の12:00.
公用語はブルガリア語。
また英語が厳しい国・・・。

「OKタクシー」という素晴らしい名前の会社のタクシーで調べておいた宿へ向かう。
「HOSTEL MOSTEL」というその宿は値段も(7ユーロ)サービスも最高らしい。

bru.1
タクシーの車窓から。寒いて。

看板が出てたのですぐに場所はわかった。
ずんずん中に入っていきレセプションっぽいところでドアをノックする。
いかにもブルガリア人(?)っておっちゃんに泊まりたいと英語で話すが当然通じない。
するとおっちゃんが携帯で誰かに電話しだした。

なんとおっちゃんやぶからスティックにその携帯を俺に渡すではないか。
おそるおそる耳をつけると「ハロー」、英語だ。

「泊まりたいんだけど・・・」
『NO.満室だ。』
「え?まじで?今日誰もチェックアウトしないの?」
『誰もしない。』
「じゃあいつなら空くんだい?」
『4日後までずっと満室だ。』
「まじか・・・」

英語でコミュニケーションとれたのはなんだか嬉しかったが、
(旅始まった直後だったら絶対無理だった。。。)
宿には泊まれないことにはかなり凹んだ。
なぜならここ以外まったく調べてない。
やっぱり事前に予約状況調べなあかんなぁ・・・。

仕方ないので電話のおじさんにどっか他のホテル知らないか?と聞いてみると
すぐ近くに「ソフィア・ホステル」というホテルがあるからそこへ行けと教えてくれた。
地図も書いてくれたが・・・すっごいアバウトな地図なんだなぁこれ。

案の定相当迷ったが身振り手振りで道を聞きながら(5人くらい聞いたw)なんとかたどり着く。
入り口には陽気なおじいちゃん(英語通じず)。
なんとか身振り手振りで泊まりたいという意思を伝えると朝飯付きで10ユーロ(1600円くらい)だといわれた。
う~ん若干高い気もしなくもないがもうしゃーないなぁ。
嫌だったら明日宿変えよっ。

部屋に案内されると・・・トルコ初日に会った男女とばったり再会(昨日会ったカップルではありません)。
更に女の子が1人寝てて、俺入れて計4人の日本人オンリーの部屋。
おじいちゃん、気きかせてオンリー部屋にしてくれたのかなぁ・・・。

ちなみに聞いてみたところ4人全員「HOSTEL MOSTEL」に泊まれなかった組だった(笑



せっかく朝食付いてんだから食べなきゃってことで同部屋のHさんと一緒に飯を食う。
すると一緒に食べてたイタリアンカップルに話しかけられ普通にコミュニケーション。
あれ?
なんだかしゃべれてないかい、俺?
いや、流暢にしゃべれてはないけど意思疎通的なことはできてるぞ、俺。

旅始まってから出会ってきた日本人(英語しゃべれる)に教えてもらったり、
こつこつ本読んだりしてきたせいかちょっぴり話せるようになってきてる・・・。
そして聞き取れるようになってきてる・・・気がする。

しかし一番大事なのは言葉じゃなくて気持ちの問題なんだよねぇ。
別に外国人に話しかけられても「全然普通よっ」って感じになってるのがいいのかもしれないけど。
極東の小さい島国で生まれた僕が国際派の仲間入り?!(笑
旅に出るまでは考えたこともなかったw

そのイタリアンカップルは今からリラの僧院という場所に観光しに行くらしい。
聞くとHさんと同部屋のSさんも同じ場所にいくらしい。
俺もいこうか迷ったが夜行明けだったしちょっとソフィアで用事があったので止めといた。
あとで感想聞かせてってことで2人と(イタリアンカップル入れて4人)別れた。

ということでもう一人同じ部屋のYちゃんとソフィアの街観光へ出かけることにした。

bru.4
ブルガリアにもモスクが。
bru.3
アコーディオンのおっちゃん。地下道の入り口には路上ミュージシャンが多かった。
bru.2
ちょっとした路地。
bru.5
ライオンがいる橋。

ブルガリアと言えば古着屋が多くて安いらしいので早速覗きにいこう。
ってことでトルコのツリーオブライフの情報ノートにあった一番大きな古着屋へ行ってみた。

bru.6
入り口。ここは違ったが古着屋はキロ=いくらみたいな感じで量り売りしてるらしい。

これから更に寒い地域にいく予定もあるので俺はここでコートを買った。
今着ているダウンの上からさらに着れるコート。
全体的にデザインはよかったがサイズがでかい。
女性用の服がぴったりだった。
質や種類なんかは日本の古着、全然負けてません。
しかしブルガリアの古着屋、値段は安いわ・・・。
結構しっかりしたコート買ったけど1200円くらいで買えた。
いやぁ~いい買い物したわぁ(ホクホク)。

bru.7
リゾットとジャガイモのパイみたいなやつ。

せっかくなんでブルガリア料理っぽいものを食べることに。
素朴でシンプルって味付けで美味しかった。

明日にはYちゃんが日本に帰ってしまうそうなので「ワインでも飲みたいねぇ~」ってことで
樽でワインの量り売りしてるところへ買いにいくことに。
自分でビンやペットボトルを持ってって1リットルばかしワインを買ってきた。
これがまた安い。
1リットル白ワイン(マスカット)買ってなんと1.5レバ。
約105円。
驚きの価格だ。

bru.9
店の女性がついでくれる。しかし安い。すっきりしてて味もいい。

そのまま市場を通り抜け、歩いて大きいスーパーまで行った。
ここでブルガリアにきた最大の目的である「あるモノ」を買った。
それは明日へのお楽しみ。

ってことで宿に帰ってビールやらワインやら飲みながら晩飯を作る。
HさんSさんとイタリアンカップルもみんな帰ってきてリラの感想を聞いたが
大雪が降っててまじで大変だったらしい。
聞くところによると昨日はソフィアも大雪だったらしく超寒かったみたい・・・。
どおりで雪が残ってるわけだ。

そうこうしているうちに変なテンションのまま「ある観光スポット」へいくことになった。
ソフィアといえば・・・


ストリップバー。


日本人男女4人(なぜっ!?)で東欧の女体を拝みに行って来ましたw

bru.10
ソフィアにはいっぱいストリップバーがある。ここは結構有名なカーマスートラってところ。

入場料5レバ+ビール5レバ(一番安いの)=10レバ(700円くらい)。
更に10レバ払うと膝の上でストリッパーが踊ってくれるそうw
金出し合ってYちゃん(女の子)の膝の上で踊らせようとしてみたりして・・・(←悪ノリ)
まぁ正直な感想としては、なんだかストリッパーにやる気があまり感じられなかったのと、
東欧の女性の裸は「綺麗」って感じで全裸になっても全然エロスを感じないんだよねぇ。。。
全裸っていうのがなんだかあからさますぎていかんのか?
中東の女性は完全に服着ててもにじみ出るセクシービームがあったけどなぁ。
なんて自分の好きなエロスについてまじまじと考えてたらなんだか眠くなってきた・・・

う~ん、正直もうストリップにくることはないなぁ・・・。

どうやら4人全員同じ感想だったらしく若干むなしさを残しつつ宿へ帰った。
外は雨・・・(憂鬱)

bru.12
地面にグラフィティ。完成度の高い作品。
bru.11
地面にグラフィティ。ワロタ!


ストリップ情報追記

追加でお金を出すと踊り子のお持ち帰りができるみたいです。
金持ってそうな客の前では踊り子は張り切ってた気がするし、
実際お持ち帰りされてる踊り子も見ました。
男性諸君はその辺も念頭にいれて突撃してくださいw
僕は正直ノーサンキューです。
では。

bru.13
部屋はこんな感じ。居心地は良好。
スポンサーサイト
別窓 | ブルガリア。 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<3・21 ハニー盗難事件勃発。 | 濡音的地球見聞録。 | ブルーモスクってそんなに青くないんです。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
今日はちょっとお疲れモードですが、頑張っていきますよ。元気を出してファイトです!... …
| 濡音的地球見聞録。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。