スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
リアルディズニーシー。
2008-03-26 Wed 23:31
旅立ちから83日目の見聞録。
現在放浪13ヶ国目。
「イタリア」の「フィレンツェ」に滞在しています。




朝5時クロアチアの首都ザグレブにバスが到着する。
昨日S君に聞いていた話だと12時間くらいかかるらしかったが運よく10時間きっかりでついた。
ラッキー!
ほんとは時間遅かったらザグレブで一泊するかお隣スロヴェニアで一泊するかと思ってたんだけど
これならいける!
ってことでザグレブの中央駅で一気にイタリア・ヴェネチア行きのチケットを購入した。
ザグレブ → ヴェネチア(途中スロヴェニア・リュブリャーニャで乗り換え)
約280クーナ(5600円くらい)。
電車が出るまで1時間半くらいザグレブを散歩したがとても綺麗な街だった。

駅で電車を待っているときにちょっと気になったんだけど、
東欧の人たちはよくタバコを吸う。
それ自体ちょっと意外だったんだけど問題はマナーが悪いってこと。
平気で吸殻捨てるしあまり周りも気にしていないみたい。
俺も吸ってた人だからなんとなく気持ちはわかるがおしゃべりに夢中で俺のバックパックに
タバコの火が近づいてきたときはさすがに注意した。
危ないなぁ・・・バックパックじゃなくて子供だったらどうするんだろう。

ity.1
ザグレブの共和国広場にあるイェラチッチ像。

ま、そんなこんなで10時間夜行バス乗って移動した後そのまま7時間程度の移動をすることに。
さすがにちょっとばかし高かっただけあって電車は快適だった。
リュブリャーニャまではアッという間。
電車内で入国手続きしてパスポートにスタンプも押してもらった。
スロヴェニア入国。
しかしセルビアと同様に滞在も観光もしてないのでカウントはなしってことで。

ity.2
スロヴェニアの車窓から。

そこからヴェネチアもアッという間に到着。
とうとう西欧イタリアへINっ!
パスポートにスタンプすらなくものすごくあっさりした入国だった。
腹が減ってしょうがなかったんでホームでマックでも食おうと思って気付いた。

あぁ、とうとうユーロの国だぁ!

さっそくユーロを下ろそうとホームにあるATMへ。
しかし故障なのか全然下ろせない。
駅のインフォメーションでそのことを告げるとATMはここから300m近く歩かないとないらしい。
えぇ~。。。
荷物重いし移動疲れだしお腹すいたしあんまり時間ないし・・・
どうしたものかと考えてたら非常用の2万円(福沢様)を思い出した。

日本出てから大事に大事にとっておいた2万円。
とうとう使ってしまうときが(涙
俺にとって「お金」って福沢さんのイメージなんだよねぇ・・・
慣れてないせいか他の国のお金は人生ゲームのお金みたいなイメージでさぁ・・・
おもちゃみたいに見えちゃう。

まぁそんなことはさておきとりあえず1万円をユーロに換金した。
すると帰ってきたのはなんとたったの46ユーロ。
えぇ???
駅の両替所でやったのがまずかったのか1ユーロ220円近くするとんでもない換金率。
ひでぇ・・・
しっかり調べてないが今大体1ユーロ=160円くらいだった気が・・・。

しかもこの後マックに入ってびっくり!!!
なんと一番安いセットで(1ユーロ160円計算で)1000円近くするではないか!
(ちなみにありえないけど220円計算だと1300円近くいく)
うそぉ・・・
西欧物価高い高いとは聞いてたけど本気だこれ。
500mlのペットボトルの水が一本1ユーロ(160円)します。

ity.3
ドナルドがなんだか憎たらしく見えた。

結局駅のカフェテリアみたいなところでパンに生ハム挟んであるだけのサンドイッチを買った。
それでも3.2ユーロ(510円くらい)。
ため息まじりにそのなんでもないサンドイッチを一口かじる・・・

う、うめぇ・・・。

こんな鼻くそみたいになんでもないサンドイッチなのに・・・

ity.4
イタリア初食事。これマジうまい。

物価が高いのと同時に飯がうまいと聞いていたがほんとにこりゃうまい。
これもイタ飯ですかね(笑)

さてその足で水の都ヴェネチア観光に行こうと思ったが駅に3時間だか5時間だか荷物預けるだけで
3.8ユーロ(600円くらい)かかる。
しかも一個の荷物で。
俺バックパックとガラガラ持ってるから二つ預けると1200円。
無理っ!かといってバックパック背負って観光も無理!ってことでバックパックだけ預ける。
やばいイタリアまじで物価高いぞ・・・・

有名なヴェネチアの観光スポットは最初に着いたヴェネチア中央駅からすぐのサンタルチアという駅にある。
ここまでの電車賃は1ユーロ。
リーズナブル。
よかった・・・・。

ity.15
水の都ヴェネチア上陸!!。

駅を出てさっそく目の前に広がる水路の街。
ヴェネチアへ上陸してしまった。
しかしいきなり広々とした空間。
さすがに町並みは美しい。。。

ity.5

ity.6

ity.7

ity.8

ity.9

ity.10


何回か行ったことあるからわかるんだけどここほんとにディズニーシーのリアル版みたい。
ほんとにアトラクションの中なんじゃないかっていうくらいポップな感じ。
道路に車は一台もいなくて水路と船が主役。
大通りにはカフェやうまそうなピザ、サンドイッチ、ジェラート屋があったり、
すこし路地に入るとアーティスト達の製作所やショップがところせましと並んでる。
店によってジャンルが全然違うからウィンドウを見てるだけでめちゃくちゃおもしろい!

ity.11
かわいらしい船の八百屋さん。
ity.12

ity.13
お面屋さん。仮面屋さんって言ったほうがいいかな。
ity.14


人間もまたおしゃれなんだよね・・・
ここの人たちがおしゃれなのか、それともこの場所がそうさせるのか
すべてが絵になる、そんな感じの場所だった。

短い間だったけどヴェネチア観光できてよかった。
確かに新婚旅行のメッカだわ。
こんな綺麗なところ一人で周るとかありえねぇ~~~~~(泣
でもおもしろかったからいいや。



もう一度ヴェネチア中央駅に帰ってきて電車のチケットを購入。
この日のうちにフィレンツェまで移動してしまおうと考えていたからだ。

ヴェネチア → フィレンツェ間 ユーロスターとかいうなんか豪華チックな電車。
食堂車があったり座席ひとつひとつにコンセントがついてりした。
34ユーロ(約5440円!さがせば絶対もう少し安いのあると思う・・・。)

正直昨日からずうっと移動。
さらにがんばってヴェネチア観光までしたのでクッタクタだったがなんとかしないと。
もう外は真っ暗。
夜8時前に電車は花の都フィレンツェへ到着した。

当然ながら観光なんて明日。
とにかく宿を探さないと。
なにひとつ情報を持ってなかった俺はとにかくホテルっぽいところが固まっていそうな方向へ歩いていく。
なにひとつあてもなく来てしまったので正直結構焦った。
何軒かホテルを訪ねるも貧乏旅行の俺が泊まれるような金額のホテルなんてなかなかない。
情報収集が足りないとこういう事態に陥るんだよなぁ・・・
泣きそうになってたらなんとイタリアで客引きに会ってしまった。
話しをしていたら一泊25ユーロのホステルだという。
願ってもない事態。
ほいほいついていって部屋を見せてもらうもなかなか素敵な部屋。
これはラッキーってことで早速チェックインして一日の疲れを癒すことに。

このホステルにたまたま日本人の女の子2人組みが泊まってて運よくガイドブックを持ってたので
メモさせてもらうことに。
実は西欧諸国のガイドブックや情報が皆無。
物価が鬼のように高い国で情報ゼロはやっぱりしんどいわぁ・・・。

あぁ・・・今日は疲れた。
お休みzzZ。
スポンサーサイト
別窓 | イタリアとヴァチカン市国。 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<どもどもどーもどもどーも。 | 濡音的地球見聞録。 | ジブリワールドとジェラート屋のお姉さん。>>
この記事のコメント
ひさしぶりー
元気そうでなにより!

イタリアにいるんだね★
私もつい11月までいたところだから懐かしいー
イタリアはぜひぜひ南へ行ってほしいな
ナポリのご飯がいっちばんおいしかった!
ピザがホールで2ユーロとかパスタ4ユーロとか、
物価もイタリアの中では安い方だよん

この後はどんな感じでまわるのー?
スペインポルトガルモロッコは行ってきたばっかりだから何かあれば答えられるかもー
ちなみにポルトガルのリスボンはぜひぜひぜひっ行ってみて!
ほんとーーーーにすっごくいいところだからっ
モロッコも今相当あついみたいだからおすすめだよん

ではでは引き続き体に気をつけてよい旅を…☆
2008-04-05 Sat 01:56 | URL | なつこ #-[ 内容変更]
なっつぁんへ。
なつこ>いろいろ情報ありがとぉ~~!!
     しかし・・・残念ながらもうヨーロッパにいないw
     ポルトガルは相当迷ったんだけどいろいろ
     アクシデントがあって予算的に厳しくなっちゃった
     んだよぉ(泣
     なっつぁんは今どこなのかな?
2008-04-05 Sat 03:54 | URL | 濡人。 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 濡音的地球見聞録。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。