スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
僕、今日1日で230枚もの写真を撮っていました。
2008-03-28 Fri 23:39
旅立ちから85日目の見聞録。
現在放浪14ヶ国目。
「イタリア」の「ローマ」、「ヴァチカン市国」に滞在しています。




同じ部屋だったマレーシア在住の中国人・シーハンが今日帰るらしく
朝早くから準備してくれたおかげで(いい意味でね)俺も六時半におきることができた。
おかげで朝から美味しいご飯がたらふく食えましたとさ。

しばらくだらだらだらけた後ローマ観光に出かけた。
さすがにローマは見所だらけ。
一日で見て周るのは大変かもしらんが・・・
いけるだけ一気にいったれって感じで張り切ってみた。

外は小雨。
もう雨慣れた。
どうせ降るんでしょ?的な感じで。

宿との位置関係からまずはローマのシンボル「コロッセオ」へ行くことに。
地図見て大体の位置が把握できたらあとはフィーリング。
なんとなぁくこっちじゃね?みたいな感じでテクテク歩いていくと、

あ、
あ、
ああ、

見えてきた。
コロッセオだぁ~~~!!
聖★星矢(セイントセイヤ)だぁ~~~~!!

ity30
ローマのシンボルコロッセオ。思ったよりでかくてかっこよかった。
ity.31
こっち側はなんだかボツボツした穴が開いてた。

コロッセオは紀元80年に完成した超有名な円形闘技場。
その昔猛獣と剣闘士、もしくは剣闘士同士が凄惨な戦いが見世物にされた場所。
5万人以上収容できたらしくとにかくでかい。
後世に建築資材として大理石が持ち去られていた為現在のような姿になってしまったそうだ。

あえて中には入らなかったがコロッセオはなんだか想像より興奮した。
今イタリアにいるんだぁ~って強烈に実感したしね。
すぐ近くにこじんまりとした凱旋門があったがほんとにこじんまりとしてた。
でもローマ最大の凱旋門らしい。


次の目的地へ向かってテクテク歩いていくと途中で素敵な緑の広場と遺跡が見えた。
あとで知ったが「チルコ・マッシモ」という古代の戦車闘技場らしい。

ity.32
その昔、馬の引く戦車競技が盛大に催された場所らしい。すごく緑のきれな広場にあったなぁ。

ローマはすごい。
普通に歩いているだけで遺跡にブチ当たる。

そんなこんなでお目当ての「真実の口」到着。

ity.33
真実の口。こんな感じ。
ity.34
うそつきは手が抜けないらしい。僕はぬけましたw

真実の口はサンタ・マリア・イン・コスメディンという教会の中にぽつんとたたずんでいた。
ここはジョジョにも出てきたし(笑)やっぱりお約束的な感じw。

そこからさらに歩く。
途中カンピドーリオの丘を見学し、ヴェネチア広場でヴェネチア宮殿を拝んだ。

ity.35
ヴェネチア宮殿。
ity.36
イタリア国旗。いつの間にか雨も止んでた。
ity.37
ヴェネチア宮殿前から見下ろしたローマの町並み。
ity.38
今度はヴェネチア宮殿の真正面に構えたバールで。
ity.39
一杯4ユーロもしたカフェカプチーノ。エレガントな時間を過ごした。

おおよそ貧乏旅行とは思えない素敵な時間を過ごし意気揚々と再び歩き始める。
ここは観光客でごった返してた。
日本ではTV番組のおかげで特に超有名。

「トレヴィの泉」。

ity.41
「へぇー」のやつね。すごい綺麗かったよ。
ity.40
しかし観光客の数が半端ねぇ!意外にも今日は日本人は見なかったが。

肩越しにコインを投げると再びローマを訪れることができるというエピソードが超有名。
一応小銭(50セントだったっけかな?)を後ろ向きで投げてきたけど・・・
典型的な観光客になってしまって照れくさかった。
あと、一人でやってるのもむなしいぃおお~~(笑



さぁ、めげずに次だぁ!
お次は「スペイン坂」。
渋谷のスペイン坂くらいなんで「スペイン」なの?って感じだけどそんなの関係ねぇ(あ、痛い?)。

ity.42
ここも人多っ!もう坂見てんのか人見てんのかわからん(笑。

一番上まで登って街を見下ろしてた。
写真撮ってほしいなぁ~と思ったら向こうから東洋人カップルがくるではないか!
う~ん日本人かや・・・あ、絶対日本人だ!

と、ここでこれまで旅で見かけた東洋人が日本人かどうか見分ける方法(俺流)について。


1.顔つき・服装。

まぁこれで90%くらいわかりますね。
顔つき・服装もさることながら女性だったらメイクでもわかりますな。
特に眉毛。あと髪の毛茶髪も日本人率非常に高い。
だって海外じゃ全然人気ないもん(泣)・・・あ、俺茶髪ですがなにか?


2.デジカメの機種。

顔つき・服装でもわからないとき意外にもこれでわかること多い。
さすが家電王国日本。
日本人が持っている機種ってボディーが小さめで液晶でかいやつが多い。
これ結構当たるんです。


3.やっぱこれでしょ。「地球の歩き方」。

これが一番確信的!
たとえ裏表紙でも持ってるの見えたら100%日本人ってわかる(笑
ロンプラなら他の国の人かもしれないけど地球の歩き方は絶対日本人しか読まないでしょ(笑


今回カップルが日本人だと確定したのは実は3番。
もうその裏表紙、俺は見逃しませんよw

ってことで同じ日本人同士、フレンドリーにいこうってことで思いっきり日本語で話しかけた。

「こんにちは、日本の方ですよね?写真撮ってくれませんか?」

すると女性の方が俺をハエでも見るかのような目で見、男性のほうは防衛体制に入った。

うぉ・・・

ありえない。
今までこんな反応絶対なかったのに・・・
あれ?ってか普通の日本人ってそもそもこんな感じだったっけ?
そういえば日本で街歩いてて他人から声かけられることなんてほとんどなかったもんなぁ・・・。
旅してて日本人的感覚が鈍ったのか、
それともこんな素敵なローマで一人うろついてる茶髪の男が怪し過ぎたのか
とにかく終始苦笑いでなんとか写真はとってくれた。
一応新婚旅行で来ていることは答えてくれたが写真撮ったら逃げるように行ってしまった。

なんだかなぁ・・・w

ity.43
なんだかちょっと切ないエピソードがつまった一枚になってしまった。確かに怪しいか(笑)。

一人でクスクス笑いながら地下鉄に乗り込み次の目的地へ。




次はローマであってローマでない。
むしろイタリアの中にあるけどイタリアじゃない。
世界最小の国、カトリックの総本山・ヴァチカン市国へ入国してきました。
入国と言ってもパスポートもいらない、入国審査もない、え?もう入国してるの?って感じ。
でも違う国です。

ity.44
サンピエトロ広場。見よ!この長蛇の列!ここはディズニーランドか?!と一人つっこみ。
ity.45
カップル達と噴水。良いですなぁ・・・平和ですなぁ・・・。
ity.46
広場の周りを囲む半円型の回廊には140人もの聖人が俺達を見ているようだった。

それからサンタンジェロ城も見て、十分ヴァチカンを堪能し再度イタリアへ入国(笑)。






日本でたまに「レオン」という雑誌を読んでた(あの「ちょいワルおやじ」のねw)。
イタリア人はほんとにお洒落だと思ってたんだけどひとつ気付いたことがある。
女性は美しくお洒落、若者はかっこよく、子供はかわいい。
これ、日本も一緒。東京あたりの若者は女性も男性も負けてないと思いますよ。
ただ、日本がお洒落という点で大きく負けてる一点!

それが「おじさま方」なんですよ。

はっきり言ってイタリアのおじさま方、かっこいい!
いや、むしろかっこE!
これは言い過ぎでもなんでもないんですが若い兄ちゃんなんかより断然おじさま方のほうが
かっこいいのよ。
渋かったりファンキーだったり、まぁいろんなおじさま方がいらっしゃるんですが。
これからの日本で力を入れていかないといけないところは
おじさま世代の意識改造だと思ってしまった。
やっぱり日本の中心、原動力のおじさま方世代(もしくは自分達がそうなるとき)が
疲れてヨレヨレでかっこ悪いのは国に元気がでないと思う。
かっこいいの価値観は人それぞれだけど、これからの日本は
おじさま世代がかっこよく生きれるようになればほんとに素敵な国になると思うなあ。
ファッションに限らずね。

年をとることがただ憂鬱でしょうがない国なんて幸せとは言えないと思うから。
年をとれば若造になんかだせない魅力がだせるわけで、
きっとそのときそのときの素晴らしい生き方があると思いたいから・・・
他力本願ですが日本のおじさま方、お手本よろしくお願いいたします。
すぐにおじさま方に仲間入りさせていただきますので(汗





宿についてからはJALヨーロッパ予約センターに電話をかけることに。
何ヶ国かでそのフライトの航空会社に足を運んだにも関わらずJALでやってくれと言われたことから
これはもしや!?と予想してJALのヨーロッパ予約センター(日本語対応番号)へかけてみたのだ。
結果は大正解。
電話で、しかも日本語ですべての予約ができるというではないか!
一体今までの苦労はなんだったんだぁ・・・。
まぁいいや。
とにかくこの先のフライトについて大体の予定でチケットに日付を入れてしまった。
う~ん便利。

しかし一番眼前のローマからのフライトは満席で予約取れなかった。
明日飛ぼうと思ってたのに・・・う~んどーしたものか。




まぁ、なんとかなるでしょっ。




相変わらず素敵に美味しい晩飯を食べて(今日はなんとチゲ鍋だった!)一息ついてると
同じ部屋にカップルが入ってきた。
韓国人(男性)と日本人(女性)のカップルだった。
そして他の宿泊客の韓国人も交えてビール飲みながら盛り上がる。

韓国人相手にテッパンのネタと言えばやはり

「微妙な三角関係」
「マッサージ30分無料」
だろうねw

あと新たにこの手のネタで
「バッテリーがなかった」
「かばん」
「どかた」
なんかが出て来てバリエーションが増えてしまった。

わかんない人はなんのことかさっぱりだと思うけど実はこれらの言葉、
日本語と韓国語がまったく同じ意味と発音のものらしいのです。

日本語で「微妙な三角関係」は韓国語でも「びみょうなさんかくかんけい」。
日本語で「マッサージ30分無料」は韓国語でも「まっさーじさんじゅっぷんむりょう」。

おもしろいでしょ?
やっぱりお隣さんなんだね。
ってことで他にも韓国語だったり食い物のことだったり
戦争のことだったり韓国の徴兵制度についてだったり韓国男子はみんなマッチョなのか?だったり・・・
めちゃくちゃいろんなこと話した。
俺は必死に英語で話した。

彼ら(彼女ら)はみんな韓国人といえども現役留学生(たまたま全員イギリスだったけど)。
俺と違って英語はお手のものなわけだったけどそんな彼らにも俺の意思は伝わってるみたい。
難しいニュアンスは駄目でもそういうときこそボディーランゲージ。

短い時間だったけど外国の人と通じ合ったという感覚を実感することができた。
もう何度も言ってきてるけど言葉だけじゃないんだな。
文法がとか発音がとかなんてもっと下の話。
伝えたいって気持ちが一番大事なんだと思う。

楽しくて仕方なかったがちょっと体調悪くなってきたのでお先に失礼させてもらった。
ここ数日の強行日程が少し疲れに変わってるみたい。
また風邪とかひかなきゃいいけど・・・・

みんな、お休み・・・。

ity.47
オーナーのガンさんと。ほんっとにいい人でした。



ネーイル ムーン 濡音 イムニダ!
スポンサーサイト
別窓 | イタリアとヴァチカン市国。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<全然望んでないけど初体験しちゃいました。 | 濡音的地球見聞録。 | どもどもどーもどもどーも。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 濡音的地球見聞録。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。