スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
本物はやっぱり迫力が違う。
2008-03-31 Mon 23:16
旅立ちから88日目の見聞録。
現在放浪15ヶ国目。
「スペイン」の「マドリッド」に滞在しています。




spa.18
名作ゲルニカ。もちろん写真はガイドブックを撮影したもの。


 縦約3.5m。横約7.8mの大画面。
 スペインの国技である闘牛をモチーフに、燃える家、死んだ子供を抱え絶叫する母親など、
 デフォルメされた人間と動物が描かれている。
 画面左上にあるランプは爆弾を表す。
 黒と白のモノトーンが、戦争の悲惨さを伝え、ピカソの怒りと哀しみをより際立たせている。
」(地球の歩き方より抜粋)

スペイン北部の小さな町「ゲルニカ」を襲ったナチス・ドイツの爆撃で約2000人の
市民の死傷者が出た。
パリでこの悲報を聞いたピカソがその不条理さと悲惨さを約一ヶ月でこの大画面に再現したのが
この「ゲルニカ」

正直ピカソの絵はそんなに好きじゃなかった(っていうか理解に苦しんだ)けどこいつは別モンだった。
まず単純にでかい。
そしてそのでかさだけじゃなくなにか力というか想いというか怨念じみたものを感じる。
ガキのころ教科書でしか見たことなかった「ゲルニカ」。
今目の前にしてなにかすごく不思議な気分だ。

地球の歩き方にはガラス張りになってると書いてあったが俺が見たときはなかった。
ゲルニカから1mくらいのところにロープがあって両サイドに警備員がいただけ。
しかし欧米人の女の子が近くで見ようとロープから身を乗り出した瞬間

ビーっ!

なるほど警備は万全のようだw
こりゃスペインの国の宝だろうからね。




無事今日はソフィア王妃芸術センターへ入館。
待望のゲルニカを見ることができた。
他にも俺の好きなダリの絵が数点あってそれもおもしろかった。
が、やはりミロの絵だけは素人の俺には全っ然理解できなかった。
ミロワールドをどういう解釈で見たら理解できるのか誰か教えてくださいw

spa.19
ミロの名作「肖像Ⅱ」。俺的には名作っていうより迷作。


今日はこの後スーパーに行っただけでなにもしてない。
今泊まっているヤガミホステルという宿↓

spa.16
日当たりは良好。
spa.15
清潔は清潔。だけどなんか日本人宿っていうより連れん家って感じでちょっと気つかうかな?。



ヤガミホステル http://www.yagami-hostel.com




spa.17
今日の朝飯。半熟目玉焼き乗せご飯醤油ぶっかけ丼。めちゃうまい!

明後日の朝一で飛行機に乗るためここに泊まるのは今日で最後。
今のうちにできるだけ情報集めとかないとまた痛い目に遭いそう~~(汗)


どーでもいいけど今日読んだ原秀則の「ほしのふるまち」って漫画。
なんかいい感じだった。。。
日本帰ったら続き読もっと。
スペインまできてなにやってんだかw
スポンサーサイト
別窓 | スペイン。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「食事」というスペイン文化の観光名所。 | 濡音的地球見聞録。 | あったら便利。なくても・・・。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 濡音的地球見聞録。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。