スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
等間隔で起こされて眠れません。
2008-04-10 Thu 23:36
旅立ちから98日目の見聞録。
現在放浪18ヶ国目。
「アルゼンチン」の「ウシュアイア」に滞在しています。





とうとうこのときが来てしまった。


今日は移動日。
目指すは世界最南端の街「ウシュアイア」。
「世界の果て」と呼ばれている街だ。

タイのアユタヤで会ったトミーからここのジンクスを聞いて当初予定になかったが
行くことにした場所。

いろいろな思いを胸にとにかく向かうことにした。

カラファテ → ウシュアイア (リオ・ガジェゴス乗り換え)
US55ドル。
う~ん南米(ってかパタゴニアは特に!)交通費馬鹿高いなぁ・・・。
しかもカラファテ発早朝4時。
一人寂しく星空の下をバスターミナルに向かう。
結局目が悪いせいか南十字星はわからなかった・・・
俺サザンクロスとは相性悪いのかなぁ(泣

しばらく走ってリオ・ガジェゴスのバスターミナルで乗り換え。
しかしとことんスペイン語の為乗り換えも不安がいっぱい。

しかし南米のバスはすごい。
シートがフカフカなのもすごいが車内にトイレがついてたり食事が出たりする。
まるで飛行機だ。

ido.2
まぁ、食事っていってもこの程度だけど。

そして腹も満たされバスに揺られてウトウトし始めた直後・・・・

「オラ?オラ。」

ん?スペイン語で起こされる。
どうやら国境に到着したらしい。
実はウシュアイアに陸路で行くには一度チリに入国しなければならないのだ。

ということでバスから降りてアルゼンチンの出国手続きをする。
再びバスに乗り込み何分か走ったらまたバスから下ろされ今度はチリ入国をする。。。
う~ん噂には聞いてたけど結構めんどくさいなぁ・・・

ido.1
バスにのったままできんのかね・・・。

あぁ~眠い。
再びウトウトし始めるが・・・
またすぐ起こされる。

今度はバスごとフェリーに乗り込むというのだ。

しかもよせばいいのに興味本位でバスを降りて外に出てしまった・・・
今日は風が超!!!強くて海は大荒れ。寒いっ!!
船はロデオボーイか!っていうくらい揺れまくって10分で船酔い状態。
しかも大荒れの海は波が高く風に吹かれた波でびしょびしょになってしまった。
ひでぇ・・・。
バスもビシャビシャになるからってことでドア閉められちゃった。

でなきゃよかった・・・気持ち悪い。。。

ido.3
バスごと乗船。
ido.4
船体にあたった波が風で思いっきり飛んでくるのよ・・・。

たかだか30分くらいの船旅で完全に気分が悪くなった。
弱りながらも再びウトウトし始めるが・・・

まぁたすぐ起こされる!!

大体等間隔で2時間ごとくらいに起こされるのね!
めちゃくちゃうっとおしい!
今度はチリ出国。
まぁたバス降りて出国手続き。
短いチリ旅行だったw
そして再びアルゼンチン入国へ。
パスポートのスタンプが無駄に増えていくw

この国境と国境の間に大量に羊が見れるって話を聞いていたがバスの右側に乗っていたためか
あまり見れなかった。ってか気持ち悪くて半分寝ぼけてた。
たぶんバス左側に座れれば大量のチリ羊が見れると思います。

ido.5
なんか聞いた話だと大量のチリ羊はアルゼンチンに入ったとたんゼロになり今度は牛に変わるらしいw。
ido.6
日が暮れる。バスからみた夕暮れ時。

アルゼンチンに再び入国し、やっと終わったかと思ってたら再びバスが止まる。
休憩所みたいなカフェで食事・休憩タイムらしい。
もうここまでくると寝るのはあきらめてたから
パンから思いっきりはみだしてるハムサンド食ってやった。

しかしよくチリの国境(野菜などを持ち込んで罰金取られる人がいるみたい)
などで揉める人がいたりして基本的によく遅れるって言われてたこのバスだったけど
運よく予定時刻より若干早くウシュアイアに到着した。
時間もまだそこまで遅くないのですぐに目的の宿に電話し宿泊できるか尋ねたところ
「問題ない」とのこと。
すぐさまタクシーに乗り込みたどり着く。

「上野山荘」。

ブエノスは別館だったがこっちは本館。
上野のおじいちゃん(先日他界されました)とおばあちゃんがやっている宿。
綾子おばあちゃんがとても暖かく出迎えてくれた。


世界最南端の街でおばあちゃんの温かい空気に癒されて・・・
とにかく今日は寝ることにした。
ひどく疲れた約17時間の移動だった。
スポンサーサイト
別窓 | アルゼンチン。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<世界の最果て号ピザ部発足。 | 濡音的地球見聞録。 | ペリトモレノ氷河~なんとも表現し難い青色~。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 濡音的地球見聞録。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。