スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
「世界の果て」でしてきたこと。
2008-04-12 Sat 23:58
旅立ちから100日目の見聞録。
現在放浪18ヶ国目。
「アルゼンチン」の「ウシュアイア」に滞在しています。




ush.17


ここは世界最南端の街「ウシュアイア」。
南極からわずか1000Kmたらず。
別名「世界の果て」、「World End」って呼ばれている街。
そして「世界の果て」であり同時に「すべての始まり」とも言われているところ。

いかにも夢見る男子が好きそうな場所でしょ?。

出国したとき、ここへは来るつもりなかったんだけどあるジンクスを聞いて
今回の旅のひとつの目的地になってしまった。
俺が聞いたのは・・・
「ウシュアイアには今までの人生の重荷を置いていける。
 そしてもう一度新たな気持ちで人生を始めることができる。」
欧米人の間で流行ってるジンクスなんだろうか?
ほんとか嘘かなんてわかんない。
でも俺にとってはほんとでも嘘でもかまわない。

ここでモヤモヤしたものを、何年も前からずぅっと引きずってきた「重荷」を
置いていこうと思ってたから。
別にどこでもよかったんだけど世界最南端ってちょっとかっこいいし(笑)、
ひとつの区切りにちょうどいいかなぁってね。

半年くらい前から比べても旅に出て驚く程前向きになっているのがわかる。
でも心のどこかで卑屈な自分がウジウジして憂鬱にさせる。
こんな大嫌いな自分だけどそいつを殺すのもずっと怖かった。

それでも今ここで、ひとつの区切りをつけようと思う。
その為にここへきたんだと思う。

自分の中から出てくるものをとにかく書き殴り、
一人、ビーグル水道で読み終わったそれを海に向かって思いっきり投げた。
まさしく吐き出して置いていった。
はたから見たら「何あいつゴミ捨ててんの?(怒)」だろうな(笑

とにかく悲観するのはもう辞めよう。
今ここにいることを心の底からハッピーだと思おう。
人に慰めてもらおうと思って話すのももう辞めよう。
俺は無力でほんとちっぽけな人間だけど、ある意味なんにでもなれるし、なんでもできる。
悲観して立ち止まっててもなにも進まないって嫌って程わかった。
もうなにに対して遠慮することない。
今よりもっと、もっと、もぉっとわがままに自分の人生を生きてやろう。
思いっきり「ざまぁみろ!!」って気持ちになってやろうw

ush.16
絵ハガキなんぞ初めて書いた。

そんな気持ちと今まで旅先で会った人達からもらった言葉を添えて
この旅初めての絵ハガキを2枚送ってみた。
1枚は再びどうしようもなく凹んだときの自分宛に。
いつかこれを読んで「青くせぇな」って思うのか、
またこの気持ちになってくれるのかはわからないけど。

もう1枚は、心配かけっぱなしの両親に。
面と向かって(とかメールじゃ)言えないことも比較的素直に書けるのが手紙の不思議。
でもこれを読まれた後、顔合わせるのはちょっと照れくせぇけどw



まぁ、ながなが書いてきたけどとにかくすっきりした!ってこと。



ush.18
最後まで見送ってくれた綾子おばあちゃん。
ush.19
ラブリートゥルーチャと上野山荘入り口前。

今日ブエノスへ帰ります。
スポンサーサイト
別窓 | アルゼンチン。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<愚痴っちゃいましょぉおお。 | 濡音的地球見聞録。 | 世界の最果て号ピザ部発足。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 濡音的地球見聞録。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。