スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
酸素がうしゅ~い~。
2008-04-20 Sun 23:53
旅立ちから108日目の見聞録。
現在放浪20ヶ国目。
「ペルー」の「クスコ」に滞在しています。




俺が乗れるサンパウロからリマ間の飛行機ってなぜか深夜着しかない。
深夜23時に到着して入国手続き完了したの深夜1時。
確かに混雑してたけど2時間って手際悪すぎじゃねぇ??
しかも深夜1時に見知らぬ土地に着いて一体どこへ行けっていうんだお~。。。

ということで急遽別口で飛行機手配して一気にクスコまで飛ぶことにした。
通常バスでリマからクスコへ向かうと24時間くらい悪路を突き進むらしい。

すべての予約・発券はサンパウロで済ましてたので(いろいろトラブッたけど)
4時間程空港で待つだけ。
空港内で久しぶりのマック食いながら(南米入って初)ダラダラすることに。

peru.1
リマの空港出た瞬間タクシーやツアーの客引き・スタッフでごった返してた。深夜1時だってぇのに。。。

さっき書いたけど通常リマ → クスコ間はバスで山道を24時間くらいかかるのだが、
飛行機だとたったの1時間16分。
楽チン楽チン♪

peru.2
雲の上の夜明け。
peru.3

peru.4
クスコの空港内で演奏していたバンド。

しかし・・・その1時間16分で状況は大きく変化している。
ここクスコは標高3399m!!
高山病(標高の低いところから高いところへ一気に登ると発症しやすいといわれている。
頭痛や吐き気、手足のしびれ等の症状が出て重いものだと最悪死に至るそう)
の危険性があるほど標高が高いのだ。

飛行機を降りてセントロへタクシーで向かったのだがなんだか息苦しい。
心臓も煽られている感じ。
あきらかに酸素がうすい(汗)。

peru.6
クスコの街はヘタなヨーロッパなんかより俺には綺麗に写った。
peru.5
ただ、標高高いのに坂道が多い(泣。
peru.10
山肌に文字が。シャレてんねぇ~。

しかも宿泊する予定だった「ペンション八幡」はセントロから更に坂を100m
近く登ったところにある。
この100mが本気でしんどいっ!!
超重い荷物を担ぎ、10m登っては休み、10m登っては休み、
ぜぇ~ぜぇ~言いながら(なんか怪しい人みたいだw)死ぬ思いでたどり着いた。

peru.7
広場でパレードやってた。

普段まったく意識してなかったが自分の体を動かすのに「酸素」が必要なんだって
ことが実感できた一日だった。
高山病対策で今日は宿に置いてあった「ツルモク独身寮」(漫画)を全巻読んで寝た。

peru.8
コカの葉で作ったコカ茶。高山病対策になるらしい。飲んだら体がポカポカしてきた。
peru.9
アヒ・デ・ガジーナっていうペルーの料理。まろやかなお味で胃に優しい感じだった。








・・・ああ、恋がしたい(笑
スポンサーサイト
別窓 | ペルー。 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<明日の為に温泉街へと移動した日。 | 濡音的地球見聞録。 | みんなそれぞれの目的地を持っている。>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-05-10 Sat 10:16 | | #[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-05-10 Sat 16:55 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 濡音的地球見聞録。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。