スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
なんとかボリビアへ入国できました。
2008-04-25 Fri 23:50
旅立ちから113日目の見聞録。
現在放浪21ヶ国目。
「ボリビア」の「ラ・パス」に滞在しています。




kokkyou.1
バックパック屋か?w。

先日使えなかったバスチケットもめでたく使えて今日こそはボリビアの首都
ラ・パスへ向かう。
一体昨日のストライキはなんだったんだ?
そもそもスト一日限定って期間決めてやるものなの?
時代を知らない日本人の俺にはちょっと「?」だった。

まぁなんにせよ今日はバスも動いたんで安心安心。

kokkyou.2
チチカカ湖の湖畔をひたすらバスは行く。

人が行き来する場所は物も行き来するのだろう。
ペルーとボリビアの国境は大盛況だ。
途中一度も湖を渡っていないので一般にプーノからいく国境とは違うのか?
なんていう国境かは名前もわからなかった。。。

kokkyou.3
国境付近で食った3ソルのセビッチェ。これがめちゃうまかった!南米版カルパッチョみたいなやつ。
kokkyou.4
セビッチェのおっさん。
kokkyou.5
物売りのおばちゃん。帽子かわいい。
kokkyou.6
コカの葉を売ってた。ペルーの人はよく噛んでるね。
kokkyou.7
一体何度目だろう?陸路国境越え。

しかしここで一つ不安が・・・。
バスの中でたまったま一緒だった日本人の男の子が
「去年の12月くらいからボリビア入国の際にはイエローカード必要になったみたいっすよ」なぁんて言いやがる!
イエローカードとは黄熱病の予防接種を受けた証明書みたいなもの。
ちなみに俺は黄熱病の予防接種は受けてない。
だって必要なんて話聞いてないもの(汗

ドキドキしながら国境の審査に望む。
ちなみにその男の子も持ってなく「たぶん大丈夫っすよ」って言って先に行って
しまった。
そしてなんの問題もなくスルー。
なぁんだ大丈夫なんじゃんって思いながら俺の番が周ってきた。
しかし俺のパスポートを見たおっさんがスペイン語でなんか言ってきた。
俺が「?」って顔すると注射を打つジェスチャー。
一瞬「麻薬やってるか?」って聞かれたんかと思ったが(笑
すぐに「あ、黄熱病だ・・・」とわかった。

とりあえずなんのことだか全然わかりませんよ~~~って顔で
ずっとニコニコしてた。
心の中ではずっとドキドキ。

「ここで入国できなかったらペルーの病院で予防接種打たなきゃ(汗
 しかも黄熱病って打ってから10日たたないと効果ないって聞いてるし・・・」

しばらくの間待たされた。
なにやらおっさん達何人かが話し合いしている。
うわぁ~こぇ~~。

おっさん:「ハポン(日本人)?」
ん?なにを今更。
俺:「シー(YES)」

おっさん:「あぁ、もうめんどくさい行け行け。(的なニュアンスのスペイン語で)」

え?ぐ、グラシアス~!

なんだかよくわからんが通過できてしまった(笑
て、適当~w
ってかなんで俺だけ!病気持ってそうな顔してたんかぁ!!
まぁいいや入国できたで。

そんなこんなでバスを乗り換えていざラ・パスへ。

kokkyou.8
道が超悪い。ってかもはや道じゃねぇってところを走る。

失礼ながらペルーもボリビアも途上国。
しかし途上国の人たちは俺らが忘れかけている「活気」を思い出させてくれる。
ボリビアの未舗装の道路を見て考えた。
「きっと日本も戦後はもっと酷い状況から出発したんだろう」と。
そして人々の笑顔を見てこれからの日本で同じように笑顔を作っていく
俺達がこの気持ちを忘れちゃいけないんだろうなぁって心から思った。



ラ・パスは世界最高標高地点の「首都」だ。


kokkyou.9
ラ・パスで食った石焼ビビンバ。めちゃうまかったぁ~~★
スポンサーサイト
別窓 | ボリビア。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<世界最標高首都ラ・パスでやっといたこと。 | 濡音的地球見聞録。 | トトラで出来た浮き島。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 濡音的地球見聞録。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。