スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
世界最標高首都ラ・パスでやっといたこと。
2008-04-26 Sat 00:23
旅立ちから114日目の見聞録。
現在放浪21ヶ国目。
「ボリビア」の「ラ・パス」に滞在しています。




相変わらずハァハァいいながら街をうろつく。
今日は朝から忙しい。
やることがいっぱい。

boli.1
教会。
boli.2
ボリビアのお土産物はかわいいものが多い。
boli.4
おまけに安いときたもんだ。これは買わねば。
boli.3
ラ・パスの街並は綺麗だったが標高高いのに坂が多い。。。
boli.6
魔女通りっていうところかな?リャマのミイラがあってビクってなったw。

いくつかあるなかから特にピックアップすると・・・
ここラ・パスでとうとう旅が始まってからずっとあった「荷物」の問題がクリアされる。
というのもここから日本へ荷物を送ってしまう決心がやっとついたのだ(遅!)。
目標は現在の荷物の1/2化。

朝から「あれもいらない、これもいらない。これは送る、あれも送る。。。」と
お片づけ。
結局日本に送る荷物が6Kgにもなってしまった。

急いで郵便局へ向かうが受付のおっさんの対応がほんとに最悪。
適当だし無愛想。
オールスペイン語の紙渡されて「書け」で終わり。
「わからんのだけど」と言ってもめんどくさがって教えてくれない。
むかついて怒鳴ってやったらやっと渋々仕事し始めた。
まったく・・・
しかしボリビアは意外にも郵便がしっかりしていると聞いていたがなかなかすごかった。
荷物は青色の麻の袋みたいなのに包んでふっとい糸で縫ってくれ、
荷物は船便だったが現在どの辺にあるか追跡までできるようになっていた。
日本到着まで30~40日くらいかかるらしい。

料金は6Kgで8000円くらい取られた。
後で気付いたが「エコノミコ」って言わなければいけなかったらしい。
たしかこれを指定すると6Kg5~6000円くらいで送れるはず。
完全に手続き完了して「なんか高かったなぁ~」って思った瞬間気付いた(泣
俺の馬鹿・・・。

boli.7
俺の荷物。無事日本まで届いてくれよぉ~。

なんだかんだあったがおかげでとうとう俺の荷物がバックパック一つになった!
奇跡っ!
アルゼンチンである関西の女の子に「荷物は人生の重荷。減らすべし。」って
言われて「なるほど」ってずっと考えてたからなんだかうれしかった。
ここでブルガリアから一緒だった相棒のハードのスーツケースとお別れ。
荷物がひとつってなんて身軽なんだろう!
相変わらず重いことは重いんだけどね(汗

boli.8
けんちゃんの「けんちゃんチキン定食」。この照り焼きチキンまじでうまかった!!
boli.9
みんな行ってる「けんちゃん」超おススメですわ。
boli.10

boli.12

boli.11


もっとラ・パスでゆっくりしたいんだけど・・・
後の日程が詰まってきたので泣く泣く本日また移動。
夜行バスに乗るためにバスターミナルへ。




バスを待っているとたまたま一回だけしゃべったことのある
日本人の男の子がいた。
しかし俺は正直あまりその子のことが好きではなかったので
無理に話しかけるのはやめておいた。
向こうもそれを悟ったのか話しかけてはこなかった。

なんだかなぁ・・・ここんところ嫌な奴に会う確率が高い。
なぜなんだろうって考えた。

・・・あぁわかった。

あれは「オレ」だ。
自分自身が疲れてたり後ろ向きな時は誰ともうまくいかない。
反面教師ってやつ。
むしろこれからは彼らのような人たちと出会えたことを喜ぼう。
彼らと同じような反応はしないでおこう。


出来る限りいつもニコニコしていよう。
スポンサーサイト
別窓 | ボリビア。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<見渡す限り白一色。 | 濡音的地球見聞録。 | なんとかボリビアへ入国できました。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 濡音的地球見聞録。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。