スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
見渡す限り白一色。
2008-04-27 Sun 23:09
旅立ちから115日目の見聞録。
現在放浪21ヶ国目。
「ボリビア」の「ウユニ」に滞在しています。




塩でできた大地。
照り返す太陽光。
雪景色とは似て非なる壮大な光景。

これを見てしまうと塩のありがたみがちょっと減るかも。
なんだめちゃくちゃあるじゃんってね(塩業者の方すみません)w。

uyuni.1
ウユニの街の素敵なモニュメント。
uyuni.2
オレを引っ掛けた客引きのネーちゃんがいるツアー会社。

ウユニの街には朝方付いた。
とんでもなく寒い・・・
その場で何人か客引きが集まってきた。
朝っぱらから異様にテンションの高いネーちゃんが面白くてしかも英語いけたんで
そのネーちゃんについてった。
そのまま昼から2泊3日の3Day’sツアーに参加してしまったw
US80ドル。ちょい高めだったがまぁいいや。
しかもたまたまなのかいつもそうなのか知らないが3日間のツアーメイト
5名全員日本人(笑

まぁ楽でいいや。



昼のツアー出発まで近くの食い物屋で朝飯食おうと思ったらあるアメリカ人が
こっちにきて一緒に飯を食おうと誘ってくれた。
二人で飯を食ってたらとなりのテーブルに更に3人アメリカ人の男女が座って
こっちに話しかけてきた。
おうおう、ボリビアで朝っぱらからアメリカ人4人に囲まれてブレックファースト
ってなぁオレもなかなか国際人っぽくなってきたかぁ?w
相変わらず英語はつたないけど外人と絡んでも変な気負いとかは全然なくなってきた。
文法なんて別に気にしない。
言葉は気持ちが通じればそれでいいって思えるようになったからかな?
かっこつけてもどうせしゃべれないし・・・かっこわるいからねw


uyuni.3
昔塩を運搬したとされている鉄道の墓場。
uyuni.4
線路に立つと風の音以外なにも聞こえなかった。
uyuni.5
今回のツアー車。

世界中いたるところで見るTOYOTAの車(ランクル)に乗り込み
今日から3日間ひたすら移動と観光の連続。
そんなこんなで初日にこのツアー最大のハイライト

「ウユニ塩湖」

を訪れた。
ウユニ塩湖は最高地点3760m、およそ20億トンもの膨大な塩でできている。
面積は約1万2000平方Km。
四国の2/3程の大きさがあると聞いたことがある。
まさに世界最大の塩湖。
周りに水が流れ出す道がなくて干上がってしまったあとに残った塩の塊。
それがここまで巨大だとほんと、感動ものだ。

uyuni.10
感激の大ジャンプ。
uyuni.14
塩湖で瞑想。

ちなみにボリビアは今乾季。
雨季になるとこの真っ白な大地に数cm水が溜まり空が完全に反射して
まるで空を飛んでいるような感覚を体験できるという。

ほんとは雨季にきたかったんだぁ・・・乾季でも十分素晴らしいけどね。

uyuni.6
塩でできたホテル。
uyuni.7
まさに塩湖のど真ん中にたたずんでた。

その後ツアーは塩湖のど真ん中にある「塩で出来たホテル」を見に行った。
(残念ながら3日間ツアーでは泊まれなかった。4日間ツアーの人は泊まってたみたい)
塩でできたホテルは文字通り壁もイスも机もベッドもすべて結晶化した塩で出来たホテル。
実物見るまで「大丈夫か?」って思ってたけど結晶化した塩は想像以上に頑丈。
問題なさそうだった。

uyuni.8
にょきにょきサボテン君。
uyuni.9
いろんな形の子がいるんだなぁ~。
uyuni.13
サボテン君と。

そしてこれまた塩湖のど真ん中になぜか存在しているサボテンの岩山。
なぜここに?と疑問に思ったがいろんな形のサボテンがかわいかったので
よしとしよう。
どーでもいいけど塩湖の中を走るTOYOTAのランクルが絵になりすぎて・・・
写真を撮るとTOYOTAのCMしてるみたいでなんか嫌だ(笑。

ちなみにここで食った昼食はマチュピチュで見たあのリャマの肉だった。

uyuni.12
塩湖を走るランクル。

お世辞にも素敵と言えない宿泊施設らしき建物で初日の夜を迎えることになった。
コンセントもガスもない。
今回のツアーは現地人の運転者と料理番がひとりづつ、
ツアー参加者の俺らが6人。
内2カップル(さらにその内1カップルは新婚さん)。。。
残り2人がオレと69歳の元気なおじい様。
おじい様は年に一度か二度、ひとり旅で世界を歩いているのだそう。

「なかなか年に追いつかんわ!ガハハ~~!」

と笑うおじい様。
現時点で53ヵ国の訪問経験があるそう。
もちろん(←失礼?)スペイン語なんてからっきしなのにすべて日本語で
押し切ってしまうこの方を見て・・・俺ってなんて小さいんだろうと改めて思ったなw
やりたいことに年齢制限なんてない。
マチュでも思ったがあるとしたらそれは勝手に自分自身が決めていることなんだ。
ただ年食って「体が動かん」なんてことになると非常につまんないから
健康にだけは気をつかっておこうかな。

uyuni.11
夕食時に突然現われた少年少女演奏団。あんまりうまくなかったけどかわいいからOK!。



おやすみ塩湖。
星が言葉では言い表せない程綺麗だ。
スポンサーサイト
別窓 | ボリビア。 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<標高高いところでは溜まりやすいのか?。 | 濡音的地球見聞録。 | 世界最標高首都ラ・パスでやっといたこと。>>
この記事のコメント
塩湖!!!!!
不思議な世界っぽいね。
ボリビアに行かないと、そんな体験できないよね~。

うん、日本じゃ出来ない。

綺麗な星も見れない。東京じゃ。え~ん。
2008-05-19 Mon 22:00 | URL | mieko #-[ 内容変更]
mieko>ウユニ塩湖はねぇ・・・ほんとに精神と時の部屋だったよ(笑
鳥山アキラもしゃれてるね。
東京は星は見えないけど街灯・ネオンの人口夜景は綺麗じゃないの!
2008-05-21 Wed 10:44 | URL | 濡人。 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 濡音的地球見聞録。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。