スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
そうだ、世界一周を振り返ろう。
2008-06-15 Sun 23:26
se1


思えばほんとあっという間だった今回の世界一周旅行。
振り返って思うことはたくさんある。
ありすぎるわほんとw。


始まりはある種の「逃げ」だった。
目の前の現実と弱い自分からとにかく「楽」になりたかっただけだったのかも
しれない。
もっと言えば俺の人生そのものが「逃げ」だった気がする。
行動に移す勇気もなく周りの状況のせいにしていいわけばっかしてた。

意外だと思う人もいるかもしれないけど、
俺はほんとに根暗で小心者。
故になにかきっついことがあると内へ内へ引きこもっていく傾向がある。
そうやっていろいろなものと関係を絶つことで「楽」になろうとしていた。

しかし現在の自分の環境の多くを絶って出国した今回の「逃げ」は、
意外にも「新しい世界に飛び込む」という前向きなものに変わっていった。

旅に出た直後はまだ頭の中は日本でのことでいっぱいだった。
否定的な自分が見るもの感じるものすら歪めてる感さえあった。
それでも世界中の人や、物や、文化の違い、言葉の壁、アクシデント、優しさ、
感動、怒り、悲しみ・・・数え上げればキリがない。
休みなく多くの出来事に揉みくちゃにされて
気がつくと新しい感情が自分の中に生まれてきているようだった。

なんだかんだいって世界一周達成できたことで
「割となんでもできるんじゃね?」的な調子にのってる部分がある一方、
インドでたくさん出会った物乞いの子供達を思い出して
「俺は彼らになにもできない」っていう無力感が同時に自分の中にある。

世界は浅はかな俺が想像していた以上にドでかくて
自分ひとりくらい突然いなくなってもなにひとつ変わらないと思う反面、
誰もがそれぞれの目的、それぞれの条件、それぞれの求める物があり
だからこそ「自分」っていうかけがえのない存在を同時に感じたりもしている。

なにかが変わったのか。
なにも変わってなんかいないのか。
正直はっきりとはわからない。
むしろわからないことが増えたのかもしれないなw


旅は人生の縮図だって言ってた人がいたけど
それが本当なら俺の旅はまだ続いてるってことか。
それも縮図じゃなくて等身大の旅が。
きっと毎日が冒険だって忘れずに生きていれば
どこにいたって旅は続けられる。
そんな気がしてるんだわ。

最後に、このブログを読んでくれた人がすこしでも元気になってくれたのなら
自分のしてきたことも間違っていなかったんだなと純粋にうれしく思います。



ここまでこの日記を読んでくださった皆様、
励ましのメールやメッセージをくれた心優しい皆様、
旅中に奇跡的に出会い、いろいろな感動をくれた皆様、
そしていつも俺を支えてくれている大切な皆様、


ほんとうにほんとうにありがとうございました。


俺はもうちょっと「この世界」を旅しようと思います。
またどこかで出会うそのときまで。
毎日をワクワクしながら生きていきましょう。
それじゃ!


                                        2008.05.19 濡音。
スポンサーサイト
別窓 | 帰国後。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ちょっと素敵だと思ったお話。 | 濡音的地球見聞録。 | なにはともあれとにかくただいま日本っ。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 濡音的地球見聞録。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。