スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
旅の準備編~その⑨~航空券用語について。
2007-12-18 Tue 23:46
旅立ちから-17日目の見聞録。
現在放浪0ヶ国目。
「日本」の「愛知県」に滞在しています。




全フライト分が束になってるのだ。

とうとう我が手に!
世界一周分の航空券!
感動、と同時にちょっぴりセンチな気分。
ほんとに行くんだと実感して不安も少々あったりするんだなぁこれが。
まぁなんとかなるでしょ?!みたいな感じでも根は小心者ですからw

記念すべき一枚目は

08年1月4日
14:45発 セントレア→バンコク

今回すべての始まりはこの一枚からだ★


それでは航空券について少々。
忘れっぽい自分の為に。


【FIX(フィックス)】
 航空券の日程と便を変更できない条件のこと。
 ときどき見かける「安!!」っていう航空券の多くはこれにあたる。
 当然寝坊しちゃったりしたらもう一度航空券を買わなければいけない。

【オープン】
 FIXに対して日程に変更が可能な航空券。
 有効期限内なら何回でも日程や便の変更が可能な航空券。
 ちなみにおいらの今回の航空券は最初のセントレア→バンコク間以外はすべてオープン。
 期間は確か1年間だったはず。

【オープンジョー】
 たとえば
  成田 →(飛行機)→ バンコク /各自移動/ デリー →(飛行機)→ 成田
 なんてルートのように最初の到着地と帰りの(もしくは次のフライトの)出発地が違う場合、
 バンコク~デリー間をオープンジョーという。らしい。
 世界一周航空券はフライトとこのオープンジョーを組み合わせてルートを決めていく。
 原則20区間飛行機には乗れるが自分が行きたい国に選んだ世界一周航空券がカバー
 していないときはオープンジョーを組み合わせてカバーしていく。
 ちなみに各自移動とは、バスだったり電車だったり船だったりなんだったりみたいな感じ。
 おいらも今回駆使しまくったルートを作成した。

【燃油サーチャージと保険料】 
 これがほんとに曲者。
 CMや旅行会社でめちゃ安い航空券を見かけるが大体これを加味していない。
 紛らわしいっちゅうねん。
 ちなみに燃油サーチャージとは飛行機の燃料代のことを指す。
 原油価格の値上がりをうけ各航空会社は航空券とは別に燃料代を乗客から徴収することに
 している。
 値段はそのときの原油高や航空会社などによって変わってくる。
 ちなみに今回航空券代とは別に保険料とかも併せて一区間あたり1万円以上かかった・・・。
 14フライトするから14万円以上。
 う~んこの値段も高いと思うがこの値段の表記の仕方もなんとかならないものでしょうか?
 紛らわしいしちょっぴり不安になる。
 いったいいくらなのぉ?って。

【マイレージプログラム】
 飛行機に乗った際その飛行距離をマイルに換算して貯めていく。
 そして一定のマイル数が貯まると航空券に変えちゃったりできるサービス。
 世界一周旅行は飛行機にも非常に乗るのでこれを利用しない手はない。
 帰ってきたらプチ旅行くらいはもう一回いけちゃうくらい貯まってる、
 なんて可能性はおおいにありえる。
 というわけで今回俺もマイレージカードつくりました。
 クレジットカード昨日は付帯していないやつだけど。
 届くのを待つのみじゃ。

【予約クラス】
 世界一周旅行券の予約クラスはエコノミークラスの中でもカテゴリーが低い「L」クラスという
 ものらしい。
 つまりエコノミークラスに空席があってもこの「L」クラスに空席がなければ予約できない(FIXできない)
 ということになる。
 よって早めの予約とキャンセル待ちで対応していくしかないんだろうなぁ。
 ちなみに予約の方法は空港内や市内の航空会社カウンターで予約する。
 英語だったり現地語だったりで・・・。

                    (参考)バックパッカーズ読本 、 世界一周堂資料
 


以上、いくつかあげてみたんで参考にしてみてください。
俺はこれを何度も読んでいいかげんちゃんと覚えなきゃ(汗





ううう・・・
眠くなってきたんで今日はこの辺で・・・




おやすみ(一角うさぎはラリホーを唱えた)。。。zzZZ
スポンサーサイト
別窓 | 旅の準備編。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<旅の準備編~その⑩~宿。 | 濡音的地球見聞録。 | 豚丼並盛つゆ抜きで。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 濡音的地球見聞録。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。