スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ラオスタイムはスローリー。
2008-01-18 Fri 23:59
旅立ちから15日目の見聞録。
現在放浪4ヶ国目。
「ラオス」の「ビエンチャン」に滞在しています。




明け方、ラオス国境で起こされる。
寝袋をガッサリかぶってるにもかかわらず身震いするほど寒い・・・。
寝起きまっさかりの顔したままとりあえず荷物を持ってバスを降りる。
すげぇ霧で5m先も霞んでる。。。
寝起きな上、一人での陸路国境越えは始めてだったんでちょっぴり不安だったが
なんとかなった。
これで陸路国境越えは3回目。ちょっとばかし慣れてきた。

29
とにかくすげぇ霧。眠い・・・。

ここから更に11時間近くあるのか・・・。
とにかく寝てやろうと決心するも国境越えのストレスからか寝れなくなってしまった。
しかたなくこの旅であまりやってなかった任天堂DSなんぞをやり始めてしまった。
FF4をピコピコやってると・・・すぐに車酔いした(泣
ラオス入ってから山道ばっかだからカーブの連続なんだよねぇ。。。
前に方に座ってた外国人が吐きそうになってた。

だんだんと日が昇り始め霧が引き始める。
うわぁ~。とにかく自然が豊かな国。山と緑がきれいでほんとになんにもない(笑
休憩所で下ろされる。が長時間バスのせいかあまり食欲がわかない・・・。
しかたなしに一箱2ドルもするビスケットを買ってしまった・・・。
外国産(これは日本産だった)のお菓子は異様に高い。

30
なんもないよ。ほんと。

再びバスに乗り込みまたうつらうつら・・・
気がついたらバスが止まってた。
どうやらビエンチャンに着いてたようだ。
おっ!到着予定時刻よりはやい!珍しい・・・。
結局約21時間のバス旅行で済んだ。なんとか乗り切れるもんだ。

外に出てみるとだだっ広い砂利広場にバスばっかり・・・。
なんだこりゃ?これビエンチャン?
とりあえず近くにいた外国人に聞いてみるとビエンチャンのはずれに下ろされたよう。
ここからトゥクトゥクなんかに乗って街の中心街に行かなければいけないそう。
商売うまいな。。。
しかたなしにバスと別にお金を払って移動することに。
バスの荷台に載って中心街を目指す。
結局2ドル近くとられた。。。
ラオスの通過と物価が全然わからん。
とりあえず宿探さなきゃ・・・
右も左もわかんないけどなんとなくバックパック背負った欧米人達についていってみる。
やっぱりゲストハウスゾーンに到着できた。
しかし・・・どこを探してもFULL(満室)状態。
なんじゃこりゃ?!
日本人が経営してる宿があったのでそのスタッフに聞いてみるとどうやら
欧米人が訪れるピークシーズンらしい。
この宿も満室で駄目だった。
しかたなしに更に歩く・・・。正直荷物が重く、しんどい。。。
何件か周ったあとにシングル6ドルの宿を見つける。
6ドルか・・・まぁしんどいしいいや。
部屋を見せてもらう。しかし・・・独房みたいな部屋。
窓が一個もない。電気つけてもすごく暗くて怖い・・・。
でも疲れてるし長居するつもりもないんでしかたなしにOK。
インパルスの板倉氏そっくりの店員にチェックインの意思を伝える。

部屋で無線が飛んでないか一応調べるが残念ながら拾えず。
あきらめてPCを閉じるとほぼ同時に部屋を決めたとなりの外国人が尋ねてきた。
せっかくだから一緒に飯でも食いにいこう的なニュアンスだったからOKした。
名前はダニー。イスラエル人。俺のつたない英語にあきらめずにいろいろ話してくれた。
31歳でコンピュータ関係の学生してるらしい。
外国人向けのレストランが多い通りだったんで久しぶりにハンバーガーなんかを二人で食った。

31
ダニーとハンバーガー。

このハンバーガーが・・・チーズとキノコが入っててすごくうまかったんだけど
コーラもつけた値段が約6ドル!うわぁ・・・やってまった無駄遣い・・・。
日本で食うより高くねぇか??
まぁ食ってしまったものはしょうがない。ダニーとの会話に花を咲かせよう。
彼とは音楽の趣味が結構あった。
彼はおもいっきりソニックユースのTシャツ着てたからそっから話を持っていけたが
グランジ、オルタナは好きらしい。
俺も大好きだよみたいな感じで会話が弾む。
音楽に国境はないって改めて感じたね。

一度ダニーと別れてバスのチケットをゲットしにいく。
さっきの日本人が経営している宿に行きいろいろ聞いて結局そこで買ってしまうことに。
ビエンチャン - バンコク 750Bの深夜バス。
事前に調べていた値段とまったく同じだったんで安心。
その宿は日本食を出すレストランも経営してたからメニューみてヨダレ。

しまった、こんなことならハンバーガーなんか食うんじゃなかった・・・。
カツカレーに思いを馳せながら一人市内観光に。

32
夜のメコン川のほとりではたくさんの屋台が出てお祭りのようだった。
33
綺麗・・・。
34
おしゃれなカフェがある通りに宿はあった。

ニャチャンを出たあたりから軽く音信不通になっていた俺。
ネットカフェを探し腰を落ち着ける。
今日はブログの更新は止めてたまりにたまってたメールの返信のみに従事した。

なかなか返事返せなくてごめんなさい。
それでも異国でメールボックスにメッセージがあるとホッとします(笑
ありがとうm(_ _)m
スポンサーサイト
別窓 | ラオス。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<のんびりと、そしてのんびりと。 | 濡音的地球見聞録。 | おしらせ。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 濡音的地球見聞録。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。