スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
のんびりと、そしてのんびりと。
2008-01-19 Sat 15:05
旅立ちから16日目の見聞録。
現在放浪4ヶ国目。
「ラオス」の「ビエンチャン」に滞在しています。



思ったより早起き。
チェックアウトギリギリまで寝てようと思ってたのに。
まぁいいや。とりあえず部屋をパシャリ。
どう?フラッシュ使ったからそうでもないけど朝でもとても暗い部屋ですたい。

35
ダニが怖くて初めてエマージェンシーシート引いて寝たよ。

とりあえずいつでも出れるように支度して表に出てみることに。
ふらふら歩いてたらなんだかお腹がすいてきた。
すると偶然にも昨日の日本人が経営している宿の前(笑
結局甘えてしまってカツカレーをオーダー。
久しぶりに食った・・・(泣

36
カツカレーは日本で生まれた日本食です。

これも4ドルくらいした。日本食は高いんだよねぇ・・・。
しばらくまた我慢しよう。

正午のチェックアウトまでまだ時間があるんで市内観光することに。
交通手段が徒歩のみなのでそんなに遠くまではいけないが。

37

37

38
駄目!ぜったい!

ところで街を歩いているとトゥクトゥクのおっちゃんに声をかけられる・・・
なんてのは東南アジアの都市部では当たり前なんでしょうけど
ラオスのトゥクトゥクのおっちゃんはすぐにマリファナを勧めてくる。
日本人イコール・・・みたいなところがあるのでしょうか?
俺は絶対やりませんから。あんまり毎回言われるからちょっと嫌な気分になった。
ラオスにはそれ目当てで沈没してる日本人も多くいると聞いていたからちょっと悲しくなった。
海外に出る目的は人それぞれだけど俺はクリーンな旅をしようと改めて心に誓った。

結構遠くまで歩いたつもりだけどきっと地図上ではほんのちょっぴりなんだろう。
世界は広いぜ(笑

39
パトゥーサイ(アーヌサワリー)で。

戦死した兵士の霊を慰めるために建てられた戦没者慰霊塔パトゥーサイ。
パトゥーサイとは凱旋門の意味で、パリのそれをモチーフに作られたそうだ。
しかし今になってもまだ未完状態らしい。
とりあえず3000キップ払って(1ドル=約9000~10000キップ)中に入り
ひたすら頂上目指して上る、上る。
てっぺんから見たビエンチャンの街はとても綺麗でため息がでた。

40

41

42

43


残念ながら今日の夕方にはまたバスに乗ってバンコクに帰る予定。
ビエンチャン(っていっても約一日だけだけど)は話に聞いていたとおり特になにもない。
でもなにか居心地のいい空気が流れてる、そんな街だった。
年を召した観光客が多いのもきっとそのせいなのかなって気がした。
ひたすらのんびりしたい人はラオスという国はすごくおススメなのかもしれない。
ただ、俺にはまだ早いと思ったけど。ドキドキするような刺激的な景色を目指して
前に進むことを決意しました。

さぁ約13時間かけてバンコクに帰るぞ。
帰ったら即効でカオスの国インドに向けての準備だ!



追伸
今日本人が経営している宿のロビーでこれ書いてたら急に足をつってしまい悶え苦しんでた(汗
見かねた韓国人旅行者がマッサージしてくれた(笑
どうもありがとう。アニョハセヨー。
ちなみに俺はずっと日本人とだと思ってたからちょっとびっくり!
足つるとか・・・やっぱり旅に出て栄養が偏ってるのかなぁ?
スポンサーサイト
別窓 | ラオス。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Xさん(帰ってきたバンコク編)。 | 濡音的地球見聞録。 | ラオスタイムはスローリー。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 濡音的地球見聞録。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。