スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
インドの観光名所は「人間」です。
2008-01-30 Wed 23:33
旅立ちから27日目の見聞録。
現在放浪5ヶ国目。
「インド」の「ゴア」に滞在しています。



体調は比較的よい方向へ向かっている気がしたので予定通り前進することにした。
今日から長い1日(もしくは2日)が始まるぞ・・・。
ってことでとりあえず朝起きてバックパック背負ってバス停へ。
ゴアのパナジという街から電車に乗ろうと思ったがここ(アンジェナビーチ)から
直通のバスはないためまずはマプサという街に行くことに。
バス停についたらなんとなく停まってたバスを発見。
乗っていた小学生らしきキッズに聞くとマプサに行くそうだ。
ってことで乗車。
20分ほど走ってマプサに着くとそのまま隣のバスがパナジ行き。
急いで荷物を背負って乗り込む。
ふぅ。とりあえず順調にパナジに到着(マプサから更に20分程)。

よっしゃ列車のキップや!重たいバックパックを背負い周りのインド人に聞きまくって
やっとチケットカウンターまで来た・・・が、しかし・・・
次の目的地コーチンのエルナクラムまでの電車が2月5日までフルだと言われる。
キャンセル待ち(ウェイティング)も100人くらいいるそう(ほんとか??)。

う~ん、どおーしよー。
となりにいた韓国人(日本人だと思った)の兄ちゃんと話しながら考える。
ここで2月5日まで?う~ん、ありえない。
自由席の電車・・・聞いてないけどもし空いてても周りインド人ばっかで
ぱっつんぱっつんの状態が24時間近く続くのは無理でしょう。
う~ん・・・あ、そっか。

電車が駄目ならバスがある!

すごく簡単なことだ。今までずっとバスで移動してきたんだから(笑
バスチケット売り場へ直行。
しかし受付のインド人の態度は悪くお決まりのインド英語(酷く巻き舌+発音が独特)で
言ってることがよくわからないしなんか腹立ってきた。
あぁ~うぜぇ!って思った時に旅行会社の客引きが声かけてきた。
う~ん・・・インドにきてから客引きにはかなりびびってるんだよねぇ。
なんかいろぉんな悪い噂聞いてるから。
どぉしよう?とりあえず近ければそのオフィスまで行ってみよう。
歩ける範囲内ならね。リクシャーとかタクシー使うって言ったらはっきり断ろう。
どこつれてかれるかわかったもんじゃないし。

と思ったら案外近くにオフィスはあった。
しかしバスだとコーチンまでの直通はないと言う。
ゴアとコーチンの中間地点にあるマンガロール(バンガロールじゃないよ)というところに
朝着でそのまま電車に乗ればコーチンまで行けるといわれた。
ま、いっか。今日移動って決めちゃったし。
よっしゃ決定!ノリで行っちゃえ。なんとかなるっしょ。
そして今回初寝台バスに乗ることにしました。
時間にして14時間程度だから別に普通のバスでもよかったんだけど
体調不良ってことも考えて体力温存する為に寝台にした。
料金はやっぱり高い(のか?)らしいが健康には変えられない。

ゴア → マンガロール 寝台バス 350ルピー (約980円)

19:00出発だから30分前にバス停までこいという。現在10:00。
めちゃ時間あるやん。
せっかくだしパナジの街とオールドゴアの街を観光して時間を潰すことにした。

south-india.2
橋から見るパナジの町並み。

パナジの観光名所はせいぜい教会くらい(ここはキリスト教との関わりが深いらしい)。
ってことで今日の写真のテーマは「人」。
インドにきたら一番見なければいけないのはどんな観光名所より人間だからね。
ひたすら人を撮りまくった。

south-india.3
三姉妹?一番右のお姉さんらしき子はちょっと照れ屋さん。
south-india.4
教室の入り口。授業中に教室からでちゃいけません!
south-india.5
笑顔が素敵な警備員(ポリス?ではないかな)。ちょっとナヨナヨしてたw
south-india.6
イーッ。
south-india.7
コンニチハ。ボク ヲ トリナサイ。
south-india.8
ふへへ。今日もいい肉ちゃんが手に入ったぜ(インドには珍しく牛肉だそうです)。
south-india.9
ねぇ、ちょっとお母さん。変な兄ちゃんが見てるよ。
south-india.10
俺の彼女はねぇ、ちょっと硬いけど美人だろ!?
south-india.11
初のバクシーシ(施し)をした親子。でもタイで金恵むのと何が違うんだ??
south-india.12
「僕らを撮って」意外にも写真は好きみたいw

はっきり言ってまだまだあるけどキリがないし、写真アップするのが超しんどいので
この辺でギブアップ。
インド人はあまり笑わないって聞いてたけどここが南だから?
すっごく気さくでおもしろいやつばっか。
笑う笑う。そしてうっとおしいくらい話しかけてくる。
インドには相当な数の人間がいる。
いろんなやつがいて当たり前なんだよね。
ちょっとインド人が好きになった。
南はホントに人が穏やかだよ。


観光はパナジが教会と市場。
オールドゴアが世界遺産にも登録されているボム・ジェズ教会等。
ここにはあの宣教師フランシスコ・ザビエルさんの遺体(もうミイラ)が安置されていた。
他にも歴史博物館みたいなのもあってキリスト系の絵画やオブジェ、バスコ・ダ・ガマの絵画なんてのもあった。
しかし俺くらいの無信教者になるとキリスト系の芸術作品は正直あまり興味がない。
ってことでそうそうに切り上げて庭で遊ぶ子供達を眺めて和んでた。

夕方、とうとう目当てのバスが到着し、初めての寝台バスに乗り込む。
シートは天井がめちゃ近いが2階。足を伸ばして眠れることに感動を覚えた。
バックパックどこに入れたらいいの?ってうろうろしてたら下の段のイスラエル人の女の子が
とても親切に教えてくれた。

そして、とても優しくしてくれた。土器ッ。
そして、とてもかわいい・・・。土器ッ土器。

興奮して眠れるかやww

あぁ~もっと英語できたらなぁ・・・。

south-india.14
寝台バスの内蔵部w
スポンサーサイト
別窓 | インド。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ほんとはライスカレーが食べたいんだけどね。 | 濡音的地球見聞録。 | アラビア海に沈む夕日(ゴア:アンジェナビーチ)。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 濡音的地球見聞録。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。