スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
「今はただ、本能のおもむくまま前進あるのみ」の巻。
2008-02-04 Mon 23:12
旅立ちから32日目の見聞録。
現在放浪5ヶ国目。
「インド」の「カニャークマリ」に滞在しています。



そういえば旅が始まって今日から2ヶ月目。
旅していること自体に若干慣れ始めたのか、
スタート当初に感じてたようなストレスはかなりなくなってきた。

そして自分の旅のスタイル(・・・というか性格そのものだと思うけど)は
完全な「移動型」だとわかった。
当然予算の関係もあるがまだ「沈没」っていう行為に魅力が持てない。
「滞在型」の人にはよく「もったいない」って言われるけど同じところでジッとしてると
ウズウズしてしまう・・・。
常に新しい刺激を感じていきたいから今はこのスタンスでいいや。
いっぱい刺激感じて自分がどうなるのかすごく客観的に見てみたい。
確かに長く滞在しないとその街の良さなんてわかんないだろうけどね。
それはよくわかります。
いつかその「必要性」と「そうしたい」が一致したとき実施しようかなと思ってます。

east-india.2
この宿、カニャークマリにきたら泊まってみたらいかがでしょうか?おすすめは5階です。

まぁそんなこんなで本日カニャークマリを離れインド第4の都市「チェンナイ」へ向かうことにしました。
最後のチャンスと息巻いて望んだ朝日は・・・昨日より曇っててまったく見えず。
残念無念。これだけがここの心残りだ・・・。

そーいえば朝日を待っているとき日本人ツアーの団体客と出会った。
皆様定年退職されたくらいのお年の方々なのにとてもパワフルでほんと羨ましかったなぁ。
「インドは若くて体力あるうちに」なんて思ってたけど気持ちが若い人達には年齢なんて
さほど関係ないんだなぁ~って感じさせられたよ。
「次はベネズエラにいくのよ」「今までに85ヶ国くらい周ったわ」なんてことを
うれしそうに話すおばさま、とても素敵でした。
憧れの大人のスタイルをまたひとつ発見しました。

east-india.1
俺とMさん、おじさま・おばさまとなぜか居合わせたインド人修学旅行(Or遠足?)生と!


チェンナイ行きの列車が(なぜか)うまくとれなかったことからバスで行くことにした。
時間にして13時間くらいらしいのでちょっと贅沢だけど寝台で行こうと思った。
ただ選んだ旅行会社がまずかった・・・。

east-india.3
問題の旅行会社。

結論から言うと寝台バスを手配したらおんぼろのノーマルバスがやってきた・・・。
しかも汚い。まじで汚い。初めてこんなん乗ったわっていうくらい汚い。
乗っているだけで顔から手から足まで砂だらけでジャリジャリになる。
当然エアコンなるものなんてない。
文句言おうにも店とバスストップが離れている為戻るのもめんどくさいし今日の移動自体がパーになる。
泣く泣く乗り込みぼやく。
「こいつで13時間かぁ・・・」。。。







憂鬱になってきた。







ボクちんの車窓から。

なかなか発車しないバス。でもひとたび外を見渡せばネタがつきないのがインド。
その中のひとつ。
east-india.4
バスの天井にバイクて!どーやって運んだんだ?(笑)
east-india.5
あ、おっさんが新しいバイクを・・・
east-india.6
何人かで持ち上げて・・・んん??!!
east-india.7
えええええええええ????????!!!!バイクだよ!?250ccクラスの・・・。
east-india.8
無事到着。インド人の頭はなんでも運べる超便利使用になっているらしい。


世界にはいろんな人がいるんだなぁ~。

スポンサーサイト
別窓 | インド。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<月並みな言葉。 | 濡音的地球見聞録。 | カニャークマリのクマリは「クマーリー=処女」って意味らしい。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 濡音的地球見聞録。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。