スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
月並みな言葉。
2008-02-05 Tue 23:15
旅立ちから33日目の見聞録。
現在放浪5ヶ国目。
「インド」の「チェンナイ」に滞在しています。



east-india.9
でけぇ!

想像通り今回のバストリップは痛かった。
荷物を天井に載せてなにやらうだうだやってて1時間半以上進まない、
その荷物のせいかしらんけどしょっちゅう停まる、
13時間くらいって聞いてたのに結局18時間近くかかった、
となりに座ったおばちゃんは何回注意しても俺の荷物におもっきり足乗っけてくる(笑)、
バス内の巨大音声DVDは今回は最初から最後まで止むことがなかった、
到着して気付いたが荷物入れに入れてたバックパック真っ黒にされた、
とにかく埃っぽくてまともに目もあけてらんないし・・・。
とにかく予想外の予定外。
そして最悪中の最悪な出来事が!
なんか痒いなあ~なんて思ってたら手足に恐怖の発疹が!!
シートが汚すぎてどうやらダニだらけだったらしい(ほんとにダニか??焦る)。。。

これにはほんとに凹んだ。

まじで痒いし、かいちゃうとどんどん酷くなってきて腫れてきちゃうし・・・。

east-india.10
写真だとわかりにくいけど両手両足こんな感じで腫れてきた・・・。

ほんとはチェンナイで一泊してマハーバリプラム観光とか行こうと思ったけど一発でそんな気失せた。
痒みでイライラしながらそのまま駅に直行し今夜発のコルカタ行きの寝台列車を予約した。
今夜23:35発チェンナイ → コルカタ行き。
初めてだったけど「外国人専用窓口」なるものがあって非常にスムーズに予約できたのはすごくよかった。
そーいえば昨日からちょうど24時間。
飯らしい飯をまったく食べていない。
バスの汚さからとてもなにかを食べるという気が起きず、水とお菓子で飢えをしのいできた。
チェンナイで飯を食べようと思い街を散策することに。

east-india.11
チェンナイ中央駅。綺麗な外観。
east-india.12
なんだか素敵な建物。
east-india.13
交通整理のやつ。ってかインドに交通ルールあったんだ(笑
east-india.14
そりゃ、あなたくらい美人ならねぇ・・・

結局なんかピンとこなかったんで久しぶりにハンバーガー食って腹を満たした。
ついでにチェンナイでやっときたかったことがひとつ。
航空券のDAY-FIX。
前回キャンセル待ちでうまく乗れたけど今回もそうとは限らない。
ついでにフライトスケジュールも知りたかったんで航空会社へ足を運んだ。
相変わらず見つけるのに苦労したんだけど(汗
まぁいろいろあってよくわからんかったけどとにかくFIXできたっぽい。
よかったよかった。
しかしこれによってインドでの俺の日程がほぼ確定した。
ほんとは日程決めて動くのは嫌だったんだけどしょうがない。

east-india.15
夜も更けて・・・

チェンナイはインド第4の都市だけあってとにかく都会だった。
インドにきてからいい意味でも悪い意味でも一日一回は「すごいなぁ」って言っている。

ゴミだらけの道、徘徊している牛、犬、猫、カラス、ヤギ、真っ黒な排気ガス、砂埃、
10秒に一回は鳴るクラクション、笑い声、泣き声、バイク、リクシャー、バス、
タクシー、人力車、ハエ、蚊、喧嘩してるような話し声、うんこ、
むせ返る汗とマサラの匂い、半裸の子供、物乞い・・・


そして、人間・人間・人間!


人間だらけ。
意味もなく一日何十回も「ジャパニー?」と聞かれ、
声かけてくる客引きの大半がボッてきて、
普通に道を歩いていて麻薬を売られ、
あらゆるところでひたすらガン見されつづけ、
小さい子供が俺のズボンの裾を掴んで離さない。

「人間が生きる」という行為に対してとにかく「あからさま」。
日本よりも遥かに「生」が身近にあり、同時に「死」というものも身近に感じる。

おびただしい数のインド人に囲まれて考える。
「こいつらひとりひとりが本当に俺と同じように喜んだり悩んだり怒ったり悲しんだりしているのだろうか?」と。
そして「もしそうだとしたらこの世界はとんでもないことになっている」と。
俺の想像なんて遥かに凌いでどんどん広がっていく。
そして月並みだけど改めて実感したんだ。


「やっぱり世界は広い」


east-india.16
ボーイ!
スポンサーサイト
別窓 | インド。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<僕にとって2008年2月6日は電車の中、ただそれだけです。 | 濡音的地球見聞録。 | 「今はただ、本能のおもむくまま前進あるのみ」の巻。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 濡音的地球見聞録。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。