スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
僕にとって2008年2月6日は電車の中、ただそれだけです。
2008-02-06 Wed 23:20
旅立ちから34日目の見聞録。
現在放浪5ヶ国目。
「インド」の「列車内」に滞在しています。



east-india.17
2等の座席争いの為の乗車風景。これに乗る勇気はボクにはありません。

23:35発 チェンナイ → コルカタ行き。
3段寝台 エアコンなし 650ルピー(確かね)。
所要最短時間28時間。
ん?

28時間!!???

丸一日以上・・・。
ガイドブックの地図でがんばって目測してみたら1200Km近くの移動距離があった(笑
間違いなく今までで一番の長時間移動。
まぁ寝台の乗り心地のよさは経験済みだからなんとかなるとは思うけど。
しかし長いな(汗

east-india.18
今回は前回の反省を踏まえ一番上段のシートをリザーブ。

この3段寝台というやつですがその名の通りシートが3段ある。
がしかし下2段は時間になると片付けて通常のシート(座る用の普通のシートね)にしなければならない。
前回これを知らなかった俺は短い移動時間にも関わらずせっかくの寝台であんまり寝れなかった。
よって今回は予約時に「絶対一番上がいい!」と要求。
無事最上段のシートを確保したというわけだ。

ちなみに今回はエアコンなし(SL)だが試しにエアコンあり(3A)の値段を聞いたところ
ほんとに料金が倍近くだった。
ただ、その倍近い料金のおかげで空いていたり、外国人が多かったりで治安がいいといういい面もあるみたい。
区間自体の治安やその日の体調などで決めるのがいいと思います。
エアコンなしは上部にファン(扇風機)が3台くっついていてたけどこの時期だと夜間は逆に寒い。
天井は3段寝台はとても低い。ふつうに座ると頭が当たる低さ(俺の座高のせいじゃないよ)。
まさに搬送中の遺体になった気分だ(笑


列車は定刻通り出発。
俺のシートの反対側には韓国人のカップルがいた。後は全員インド人。
とにかく時間を潰す為には寝るのが一番!
半リアル遺体になりきって起きたらコルカタ!っていうワープを試みた。

・・・

・・・・・

・・・・・・

う~ん・・・おはよう。
もう寝れん。今何時?朝8時?
あ、早起きだぁ・・・って駄目じゃん。
普通にいい朝を迎えてしまった。
ってことは今日丸一日列車ライフを過ごさなきゃいけないってことね。
まぁ電車の中で歯を磨いたら思いのほかめちゃ気持ちよかったからいいや。

east-india.19
走行中も開けっ放しのドア。朝は気持ちいい♪

俺は長時間の移動のとき一時的に日本の生活に逆戻りしてしまう。
本読んだり、ゲームやったり、なんか書いてたり、ボーっとしてたり・・・。
つまり海外に出て一番日本を感じる瞬間だったりするわけ(笑
だからあんまり嫌いじゃない・・・って駄目じゃんww
自分自身、こんなノリつっこみを何回したかや??

east-india.20
寝台列車内部。通路。

列車の中は思ったより騒々しい。いや、想像どおりかw
とにかく元気にしゃべりまくるインド人、そして大声でやってくる物売りさんたち。
とりあえず選ばなければ車中の飲み食いは困らなそうだ。
昼食をとることにした。

east-india.21
今日のランチ。

まぁ、味のほうはともかく腹は満たされた。
さてこの容器はどこへ・・・?
とりあえず持って歩くがゴミ箱らしきが見当たらない。
っていうかインドでゴミ箱ってほとんど見てない。
「どうしたらいい?」って居合わせたインド人のハンサムボーイに聞いた。
彼は走行中も開けっ放しのドアを指差し「こっから投げるんだよ」って笑いながら言った。

えぇ~。

日本人にはかなり抵抗ある行為。ちなみにお隣の韓国人も戸惑ってた。
よく見ると線路の脇はゴミだらけ。
そういえば街はどこもゴミだらけ。
いくらあからさまなお国柄でもこれはどうなのよ・・・。
しかしいつもでも馬鹿みたいに食べ終わった昼食の容器持ってるわけにもいかないんで
思い切って捨ててみた。
「ごめんなさい!」って掛け声とともに。
側にいたインド人は笑ってたけどほんと抵抗あるんですよ。

east-india.22
時々停車する。今どこなのかさっぱりわからない。

あぁ~~~~~~~暇だぁ。
さすがに丸一日はやっぱり暇だ。暇だ。暇だぁ。
脳みそがクリームシチューになりそう。

east-india.24
なにかわからないけど買った。インド版フレンチトーストみたいなのが出てきた。甘くはまったくないです。
east-india.23
車内で靴磨きのお仕事している人。列車の中はほんとにいろんな人がいます。


近づいては離れていく景色を眺めながら、
人間は鳥にも劣る、か弱い生き物なんだなぁ~って思った。
地べたをはいずり回り、その自慢の脳みそでどんどん新しい知恵を絞らなきゃ生きていけない。
自分の力で飛べたらなぁ。
電車や飛行機の席の予約とか考えない、ほんとの気ままな旅ができるだろうなぁ。
大体、彼らとこの空の間にボーダーがあるんだろうか?
きっとこの空が「ある」か「ない」か。
つまり自分が「生きている」か「死んでいる」かのどちらかしかないんじゃないかなぁ・・・。


急に我に帰る。
鳥さん達からしてみたら「こっちはこっちでいろいろあるのよ。失礼しちゃうわ。」なんて
言われそうな妄想。
よく考えれば鳥だって縄張り争いとかあるからそんな自分勝手には生きれないか。
う~ん・・・世知辛いw

east-india.25
晩御飯。味はイマイチ。腹は満たされるから幸せ。


列車の旅は続く。
スポンサーサイト
別窓 | インド。 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<ねぇ、「優しさ」ってなんだと思う?。 | 濡音的地球見聞録。 | 月並みな言葉。>>
この記事のコメント
篠崎耕太を探しています
友人の篠崎耕太君(慶大2年生)がインドで行方不明になっています。

彼は9月3日午前2時過ぎにキャセイパシフィックでインドで入国したのが確認されていますが、その後の足取りが一切不明です。家族や友人への連絡もありません。

帰国予定のフライト(24日日本到着予定)にも予約がキャンセルされないまま搭乗しませんでした。チケットは10月2日に失効しました。

彼はドラッグや宗教にはまるタイプではなく、夏休み中も12月に出演する予定の舞台のセリフを一生懸命覚えていました。

ホームページをご覧のうえ、この期間、インドにいられた方がいたら、空港や町や宿で彼を見かけなかったか、彼と話したりしなかったか、お知らせください。

すでに大使館と警察には連絡してあり、協力をあおいでいます。深夜のデリー空港のことをさまざまなホームページで読んで、憂慮しています。

http://kotashinozaki.web.fc2.com/
2009-05-27 Wed 09:59 | URL | 篠崎耕太 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 濡音的地球見聞録。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。