スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ねぇ、「優しさ」ってなんだと思う?。
2008-02-07 Thu 23:27
旅立ちから35日目の見聞録。
現在放浪5ヶ国目。
「インド」の「コルカタ(カルカッタ)」に滞在しています。



朝5時コルカタのハウラー駅に到着。
およそ29時間半かかった計算。
表にでるとまだ真っ暗だ。

そろそろインドも北の部類に入ってくる。
しかもここはインド第2の都市コルカタ。
真っ暗な街をひとり重い荷物もって歩くのは正直怖い。
ってことで明るくなるまで2時間程度駅で待ってみた。

east-india.26
だいぶ明るくなってきた・・・。。

よし、そろそろいいだろうと思い一歩駅を出た瞬間、
わらわらわら~っとタクシーの客引きに囲まれる。
あぁ!うざい!って言っても日本語じゃ離れてくれません。
目的地は安宿街で有名なサダルストリート。
「歩き方」によればプリペイドタクシーを使えばここから65ルピーらしい。
しかしこいつらは・・・平気な顔してふっかけてくる。
「65ルピー以上は絶対に払わない!!」って言ってもしつこくついてきて
「そんな値段じゃ誰も行ってくれない」みたいな捨てゼリフ(しかも嘘)まで吐いていくやつまで・・・。
あぁ、殴りたい。駄目ですか?
タクシー自体が超うざくなってきてこうなったら一番最安でサダルまで行ってやる!
ってことになり駅からフェリーで対岸まで行くことにした。
おかげで片道4ルピー。
タクシーにボられてたら約40倍もの金額払わされてた(笑
フェリー降り場からサダルまでの道のりを歩いたのは結構しんどかったけどね。

east-india.27
コルカタの超有名安宿街サダルストリート。

チェンナイで航空券をFIXしてしまいインドスケジュールが決まったことからコルカタには
一泊しかしない(残念だけど)と決めていた。
次の目的地バラナシで少し滞在したいとか、マザーハウスのボランティアをあきらめたからとか
他にも理由はいろいろあるけど仕方ない。
とりあえず宿を探す。
70年代から数々のバックパッカー達が泊まってきた超有名宿「パラゴン」に泊まってみることに。

east-india.28
観光客丸出しの恥ずかしい写真。でも記念ですから。

シングルが空いてないと言われドミに決めた。
ベッドを案内されるが・・・なんと俺の両脇欧米人「女子」!
初のドミで女子と相部屋。
見渡すと一部屋に7つくらいベットがあったが女子率は高いみたい。
しかもなんかなまめかしい格好して・・・あぁ、今日寝れるかや?
宿自体は清潔って感じではなかったけど雰囲気はすごくいい。
日本人宿って聞いてたけど欧米人、韓国人もすごく多い。
別に長期滞在者が偉そうにしている様子もなく長居できそうな感じだ。
スタッフのインド人もいい感じだしなにより警備員がいる。

腹が減って仕方なかったので飯を食いにいく。
お得だという情報を知ってきたお店でインドに来て初めてナンらしいナンを食べた。
(インドでナンやタンドーリ料理は高級品らしい。ここは安かったけど。)

east-india.33
プレーンナン8ルピーとベジカレー17ルピー。

う・うます・・・。
焼きたてのナンは香りといいほのかな甘みといいインドにきて久しぶりに心から美味しいってものに出会えた。
心と体の両方が満たされ明日のバラナシ行きの列車の予約をしにいく。

無事に予約もできたのでコルカタ市内観光しながら帰ってきた。

east-india.29

east-india.30

east-india.31

east-india.32

east-india.36
ビクトリア記念堂。

マザーテレサで超有名なマザーハウスにも立ち寄った。
って言っても前を通っただけだけど。
マザーハウスの前で物乞いしていた半裸の子供を無視する欧米人ボランティアがなんだか皮肉に見えたなぁ。
そもそもボランティアってどういうことなんだろう?俺にはその意味がよくわからない。
こんな俺が軽い気持ちでやってきていい場所ではないということはわかっていたので今回は止めた。
実際俺みたいなやつでも一回やってみるとなんかわかるって言うけどね。
なんかそういう気分じゃなかったんだよ。

east-india.34
想像していたより質素な建物だったのがよかった。

コルカタの街にうじゃうじゃいる物乞い。
俺は彼らに対してお金はあげない。
「冷たいね」って言われたこともあったけど絶対にあげない。
むしろ時には意識して冷たく突き放す。
だって俺がお金をあげたって彼らの未来はすこしも変わらないと思うから。
そんな簡単なことじゃない気がするから。
気休めの優しさなんて自己満足にしかならないと思うから。
そう、俺は彼らにたいしてなにひとつできやしない。ひたすら無力だ。


「なんでもできるじゃん」旅に慣れ始めて調子にノリ始めた自分にストップがかかったなぁ。


east-india.35
コルカタの路上にて。
スポンサーサイト
別窓 | インド。 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<あのワクワク感を味わう為に。 | 濡音的地球見聞録。 | 僕にとって2008年2月6日は電車の中、ただそれだけです。>>
この記事のコメント
あらら
シムカード諦めたんかい…まぁマメに更新を行なってくださいなぁ

最近ブログの内容がだいぶ変わってきたねぇ いろんな体験してんだなぁ

そだかい~のは治ったかん?本当にダニかぁ?
2008-02-09 Sat 20:16 | URL | Yoshi #yl2HcnkM[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-02-10 Sun 00:57 | | #[ 内容変更]
おろろ。
Yoshi>そうなんよすまんねぇ・・・しかもバラナシにきて毎日が濃すぎて日記が書けない状態陥ってしまったが必ず書くという誓いのおかげで立ち直ったわ(笑
だいぶ楽しみながら考える余裕が出てきたから、自分の幼稚な文章と格闘しながら毎日頑張ってます。
そっちはどう?Tomoちゃん元気??BABYも♪
2008-02-12 Tue 22:21 | URL | 濡人。 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 濡音的地球見聞録。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。