スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ガンガーに抱かれて①。
2008-02-09 Sat 23:32
旅立ちから37日目の見聞録。
現在放浪5ヶ国目。
「インド」の「バラナシ」に滞在しています。



bara-7
初のサイクルリクシャー。ゴートウリヤー周辺。どお?このカオス感w

朝10時過ぎ。
電車からぞろぞろ人が降り始めた。
あれ?って思って隣にいたインド人に聞くとこの駅がバラナシ駅だと言う。
え!?まじで?とりあえず他3人くらいに聞いてもみんな同じこというから大慌てで
荷造りして駅を降りた。
危ない・・・乗り過ごすところだった。
日本に比べると今どこにいるか非常にわかりにくいんだよねぇ・・・。

なにはともあれバラナシ駅。
インドで一番来たかった場所に無事到着した。

とりあえずガンガー(ガンジス川)沿いに向かいたかったんで駅前のプリペイドリクシャー
(50ルピーだった)でゴートウリヤーという通りまで向かうことに。
話しかけてきたインド人が手配してくれるというからついてってリクシャー乗ったら
急にあるノートを読ませられた。
そこにはいろんな国の人の彼に対してのメッセージが書いてあって当然日本人のもあった。
彼はそれをなんどもなんども説明してきて自分は安全だと言う。
・・・ほんとにそうかもしんないけどだからなに?俺早くガンガー見たいんだけど。
いくら日本人でもそんな誰かもわからん人が書いた文章読むのしんどいんだけど。
「わかったからはやくリクシャー出してくれ」って言ってもなんか訳わからんこと言い出して、ガンガー沿いはチープな宿しかなく汚いとか言い出した。
なんだ、結局どっかのホテルに連れて行きたいだけか。
「もうどうでもいいからはやくガンガーへ連れていけ!」と半キレぎみで押し切ってやっと動き出した。
インドの客引きはとにかく自分のペースに持っていこうとする人が多い。
最初は俺も絶対優しく接してるんだけどそこはほらB型典型的自己中心型人間ですから。
自分がしたいって思うことを強引に曲げられるのが「大っ嫌い!!!」なんです。
だから腕とか引っ張られた時にゃ・・・


失礼。


なにはともあれゴードウリヤー通りというところまで連れていってもらった。
オートリクシャーはここまでしか入れないということなのでこっから初のサイクルリクシャー。
おっちゃんにがんばってモリ漕ぎしてもらい10ルピーでガンガー付近まで連れて行ってもらった。
そっから歩きで前もって調べてたゲストハウスへなんとかたどり着く。
ここはほんとに健全的で仲がよくて清潔なドミだった。
一泊70ルピー(「歩き方」より10ルピー値上げしてました)、約200円くらいのドミ。
ホットシャワー10ルピー。

bara-8
フレンズゲストハウス。とても居心地がいい。

荷物を置いて早速バラナシの街を散策。
予想通りこの街はおもしろい!!
とにかく目に映るものは・・・

うんこ・うんこ・うんこ!!(笑

道端は牛のうんこだらけ(笑
某有名ガイドブックに「サンダルOK」的なことが書いてあったけど絶対おすすめしません(笑
うんこまみれになります(笑
かなりの確立でみんな踏みますから、これw

そして牛、犬、猿、カラス、アヒル・・・いろんな動物が人間と一緒に生活している。
楽しい、なんか楽しいぞ、この街!!
すごいワクワクしてきた。
同じドミの子(地元が隣街w)とネットカフェ行ったあと、
「深夜特急」のDVDに出演して大沢たかおとからんでいたインド人がいる店を案内してもらった。
しまった・・・ちゃんと見てくればよかった。
「ムケ」の店(布とか服とか紅茶とか売ってる)にはその映画のせいか多くの日本人ツーリストが集まっていた。

bara-9
ムケと。ムケは日本語ぺらぺら。帰ったらDVD見ます。

夕方頃みんなでガンガーでボートに乗るらしかったので参加することに。
総勢7人でボートに乗ることになった。
初のガンガーはただ見とれることしかできなかった。
おおいに感動。言葉もでない。

bara-10
ガート側に沈む夕日。
bara-11
すぐ仲良くなった。ほんとに久しぶりの日本人。
bara-12
初漕ぎ!

ボート降りるとプージャー(礼拝)をやってた。
毎日ガンガーに祈りを捧げる儀式をやっているらしく、感動した。

bara-14

bara-13


せっかく人もたくさん集まったことだしみんなで飯でも食いにいこう。
しかもせっかくだしちょっと豪華にうまいもの食いにいこうってことになってムケに教えてもらった店でインド初のタンドーリチキンをシェア飯することに。
初めて食った本場のタンドーリチキン・・・う・ウマス・・・。

bara-15
丸々一羽分で一皿。すごい迫力です。


旅も二ヶ月目に入りひとりでいろんなことを楽しむことができるようになってきた。
しかし久しぶりに仲間と食べた飯は格別だった。
やっぱりご飯は大勢で食べたほうが美味しい。

大勢の仲間と毎日一緒に食べてた学校給食が一番のご馳走だった。
家族全員で食べてた夕食が一番のご馳走だった。
気の合う友達同士が集まった飲み会が一番のご馳走だった。
何を食べるか?より誰と食べるかのほうが大切なのかもしれないね。

bara-16
大変おいしゅうございました!全員一人旅です。



美味しい食事優先条件ランキング(2008年2月9日現在)
①誰と食べるか? →②何を食べるか? →③どこで食べるか? →④いつ食べるか?
大切なのは食事を通して得る心と心のふれあい・・・なんちゃって。 
スポンサーサイト
別窓 | インド。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ガンガーに抱かれて②。 | 濡音的地球見聞録。 | あのワクワク感を味わう為に。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 濡音的地球見聞録。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。