スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
モーセが十戒を授かった場所。
2008-02-23 Sat 23:39
旅立ちから51日目の見聞録。
現在放浪7ヶ国目。
「エジプト」の「ダハブ」に滞在しています。



仲間を見送って約2時間後。
22日深夜23時ごろ。
なぜか僕はバスに乗っていた・・・。

昨日の夜、その場でほんとにノリで決定した。
一睡もしてませんが今からシナイ山登頂を試みます!
ちなみに僕こういうアクティビティなこと本来大っ嫌いです。
部屋で誰にも邪魔されずにゲームやってるとき幸せを感じるタイプですから。
まぁノリでもなんでも行くって決めたから・・・。

とにかく寒いらしいので俺の今回の荷物の中から最強中の最強装備で挑むことに。
水と朝飯のパンとパンにつけるチョコソースを持っていった。

深夜1時。
乗っていたハイエースが停まる。
なんか入山料(学生証あると10PD。ないから18PD)払えといわれた。
えぇ?聞いてないけど・・・。
まぁいいや。

ってか寒い!

えぇ~?ロンT+ロンT+パーカー+ダウン+マフラー+布(下はタイツ履いてます)まで

行ってるのにぃ!
やばい、この寒さはやばい。

シナイ山は有名なモーセがあの「十戒」を授かったとされている場所。
標高が高い為当然寒いってことは予測できたがここまでとはまったく予想外。
きつい・・・。

入り口についたら今度はガイド料(10PD)払えと言って来た。
はぁ?聞いてないし。
ガイドなんかいらないよぉ~。

散々エジプト人と近くにいたむかつくヨーロピアンカップルと揉めた結果・・・

結局払って登山を始める。

もう寒いしむかつくし全然寝てないしで・・・歩き始めて15分で嫌になってきた。
完全にネガティブモード。

ってか正直きついかもこの登山。
真夜中だから景色なんてまったく見えないし。。。
ただひたすら石の道をのぼりつづけるだけ。
いや、かなりきつい・・・。

ほんとのところ40回くらい「もう止めよう」って思った(汗
そこらじゅうにらくだもいるし、これに乗ってふもとに帰ろうって何度も思った。
別にらくだじゃなくても歩いて帰れるし・・・かなり弱気になってた。
でも反面「ここで引き返したら超かっこ悪い。」「今までの俺の人生みたいだなぁ」みたいな
感情もあってずっと「悩むな!なにも考えずただ足を前に出せ!」って自分に言い聞かせてた。
そしてある程度登りきったと思ったら更に階段800段(確か)!!



がんばれ!がんばれ、俺!(←超ストイックw)


そんなこんなでスタートから約2時間半。
「絶対無理!」って思ってたのになんとか無事登頂できちゃいました。
山頂の教会(?)跡で朝日を待つことになった。

がしかし、
登山途中は歩き続けて多少暖かくなってたんだけど
動きが止まったことでかいた汗が急に冷えだした。
ひぇ~~~死ぬ・・・。

山頂で毛布を貸し出してるエジプト人がいっぱいいたんだけど・・・
さすがに足元みてきやがりますのよ、これが。
歩●方に「山頂毛布5PD」なんて書いてあった(たしかね)けど
実際言われた値段は20PD。4倍。

「え?5PDって聞いてたけど?」って言ってみたけどまったく駄目。
「この毛布はすごいいい毛布だ」的な訳のわからんことを言われて値切り交渉も断念。

俺は足元見られて買うなんて絶対嫌だ!(っていう小さなプライドの為に)我慢することに・・・
我慢していい寒さじゃなくなってきたけど(泣

「もうヤダ・・・朝日なんてどうでもいい。帰りたい・・・。」

心が折れ曲がりそうになってきた矢先、空の色が変わり始めた。

shinai.1
え?なんかすごいんですけど。

うわっ。
なんかすごそう・・・。
「20PDだ!」って言い続ける毛布貸しを無視し続けて、もう少し我慢できる気がしてきた。

shinai.2
巡礼の方々がいっぱい集まってた。

あたりが少しずつ明るくなってくるのと同時に今自分がどういう景色の中にいるのかが見えてくる。
うわぁ・・・


太陽が地平線から昇り始めた。


shinai.3
シナイ山に昇る朝日。もう言葉はいらない。

息を呑む光景。ずっと真っ暗だったから影しか見えてなかった景色。
生命の源、太陽の光を浴びてすこしずつその形・色を表現し始める。
すごい、めちゃくちゃ綺麗。

shinai.4
どう?やばいでしょ。

あきらめなくてよかった。。。
何度も「止めよう」、「もう嫌だ」、「無理だ」って思ったのに・・・がんばって登ってよかった。
たかだか山登り(標高2100m程度)だけど
あきらめなければ到達できるって自信がちょっぴりついた気がした。

ここはモーセが「十戒」を授かった場所、シナイ山。

今、その山頂でとんでもなく綺麗で神聖な朝日を見つめてる。
ただそれだけで気持ちがいっぱいになってきた。

登山っていいね。
「登りきる」って目標があってしんどい道のりをひとすら登りきったときの達成感。
「自分だってやればできるんだ」って簡単に思わせてくれる。
自信につながるんだ。

shinai.5
登頂記念撮影。3人共諦めずに昇りきりました。
shinai.6
祈りを捧げてきました。無信教だけど(汗
shinai.8
中東のグランドキャニオン?!。

小一時間くらい疲れも忘れてキャッキャ・キャッキャしてたんだけどふと現実に戻される。
あぁ・・・帰りも来た道と同じだけ歩かなきゃ・・・。
し、しんどぉ~い!

さっきの撤回。
登山・・・帰りはほんとにしんどい(泣
太陽が出はじめたら今度はたっぷり汗かくくらい暑い。
この温度差にはビビるわぁ・・・。

shinai.9
俺らほんとにこんな道とおってきたのか?。
shinai.10
な、なんかむかつくぜ!(笑)。

登るときとほとんど同じ時間かけてふもとに到着!
そのまま世界遺産に認定されているセント・カトリーナ修道院を見学。
帰りのハイエースの中で一緒だったコリアン・ガールと仲良く会話してたら
無事ディープブルーに帰還!
昼の12時過ぎだった。

はぁ~長っい夜だった。。。
生活のリズム崩したくないから夜まで寝ないけど今日はぐっすり寝よう。

ちなみに今日ヨルダンからずっと一緒だったパーティーの最後のひとり
(お兄さんって俺は勝手に呼んでた)がカイロに旅立ってしまった。
最後の晩飯は一緒に韓国料理食べたけどめちゃくちゃ美味しかった。
(シナイ山の帰りのハイエースでコリアンガールのおススメだった店)
結構お兄さんの空気が好きだったからやっぱり寂しかった。
俺は明日からダイビング(筆記)が始まる。
だから仕方ないことなんだけどね。



ダハブの夜がまたひとつ落ちていく・・・。



shinai.7


日本に帰るまでにあと何回の出会いと別れを繰り返すんだろう?





追伸
結構しんどかったのに・・・トレッキングとしては結構楽な部類に入るみたいです、シナイ山。
まぁ片道2.5時間だしねぇ・・・あれですよ、寝不足だったからしんどかったんですよ、きっと。
(汗
スポンサーサイト
別窓 | エジプト。 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<久しぶりに頭使ったらプスプスいいだした・・・。 | 濡音的地球見聞録。 | 移動でもなく観光でもないのに楽しかった日。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
??νλ???????ĤήС …
2008-02-28 Thu 18:03 ???????Υ??Ĥ??
| 濡音的地球見聞録。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。